化粧水は付け方次第で大きく効果が変わる!

化粧水の役割

化粧水のほとんどは水でできています。

ここに保湿成分や肌を柔らかくするエモリエント成分が含まれており、肌に水分を補給する役割と、肌の調子を整える役割があります。

そして化粧水の後に使用する乳液やクリーム、美容液の成分が肌に浸透しやすい状態にします。

メンズコスメの詳細ページへ

こんな化粧水の付け方はNG

間違った化粧水の付け方をしていると敏感肌、肌荒れ、ニキビの悪化を招く恐れがあります。

また乾燥肌を加速させてしまうこともありシワやたるみができるスピードを加速させ、老化現象が進んでしまうこともあります。

よくありがちな間違った例としてあげられるのが

パッティングが強すぎる
コットンでこすりすぎる
化粧水を余分につけすぎる
これらの間違った付け方が多くみられます。

間違った付け方を続けてしまうとせっかくスキンケアをしているのに逆効果になってしまうので正しい化粧水の使い方をマスターして化粧水の効果を最大限に発揮させましょう。

実は化粧水をバシャバシャ大量に使っても効果は一緒

安い化粧水をバシャバシャ使うことがいいという情報もありますが、適量の化粧水を付けることよりうるおうことはありません。

化粧水が浸透する角質には水分を保持できる量があらかじめ決まっています。

それ以上に化粧水を大量に付けたところで肌に浸透することはなく無駄になってしまいます。

最悪の場合余った水分が蒸発するときに肌の水分を一緒に奪ってしまうため乾燥肌を引き起こす原因になってしまいます。

適量を正しく使用したほうが無駄なく効果的なので注意しましょう。

正しい化粧水の付け方とは

化粧水の付け方は手で付ける人とコットンで付ける人がいますがどちらも一長一短なので自分の好みや肌の状態で手を使うかコットンを使うかは選択してください。

まず手で化粧水を付ける場合から解説していきます。

1.適量の化粧水を顔全体に優しくなじませる。

2.顔全体を優しくおさえるようににして化粧水を浸透させる。

3.目の周り、口、鼻のふちなど細かい部分を指で優しくおさえていく

4.顔の表面に水分が見えなくなるまでしっかり浸透させる。

次にコットンを使用して化粧水を付けていく場合は、

1.コットンにヒタヒタにならないくらいで充分な量の化粧水をなじませる

2.優しく拭くようにして化粧水を顔の内側から外に向けてつける

3.栄養分を押し込むイメージで優しくパッティングする。

このやり方を正しく守って化粧水を肌になじませていきましょう。

手とコットンのどちらで化粧水を付けるべきか

手とコットンのどちらが化粧水を付けるのに向いているかは化粧水の特徴や肌の状態や自分の肌にどちらがあっているかを考慮して選ぶのがおススメです。

まず化粧水の特徴ですが
メリット

肌への刺激が少ない
肌の状態を確認できる
デメリット

化粧水が均一にぬれない
無駄に使いすぎてしまいやすい
こういった特徴があげられます。

人の手は柔らかく刺激が少ないため敏感肌の人は手で化粧水を付けるほうがおススメです。

ただコットンと比べてぬりムラができやすかったり使用量が多くなりすぎることがあるため注意が必要です。

次にコットンの特徴は
メリット

化粧水を顔全体に均一になじませることができる
パッティング効果が最大限に発揮できる
デメリット

肌への刺激が強い
正しく使わないと肌トラブルを引き起こしやすい
これらの特徴があります。

均一に顔全体につけれてパッティングもしやすいため高級で肌への浸透率が高い成分を含んだ化粧水は最大限に発揮できます。

ただし使い方を間違えると肌を傷つけてしまうため、ニキビや肌荒れのような肌トラブルがある人には不向きです。

化粧水を付けるタイミング

化粧水は洗顔後なるべく早いタイミングで付けないと効果が著しく低下していきます。

洗顔後は皮脂が取り除かれている状態なので邪魔するものがなく化粧水が最も肌に浸透しやすいのです。

時間がたってくると肌が乾燥していき、化粧水が角質層に浸透しにくい状態になってしまいます。

これは角質層が乾燥してくると硬くなってしまい化粧水が入り込むすき間がなくなってしまうためです。

つまり化粧水は洗顔後、できる限り早くつけることで保湿効果や肌を整える効果が一番発揮されるのです。

化粧水だけでスキンケアは終わらない

スキンケアは化粧水を付けるだけで終わらせてしまう人がいますがそれは非常にもったいないことをしています。

化粧水はやはり水なのでそのまま放置していると蒸発してしまいます。

乾燥肌の人は化粧水が蒸発したときに肌の水分まで連れていかれてしまい余計に乾燥肌が進行してしまう可能性があります。

脂性肌の人も化粧水だけではうるおいをキープできないためなかなか改善につながりません。

せっかく化粧水で栄養分が浸透しやすくなった肌を放置してしまうのも非常にもったいない状態だと言えます。

洗顔、化粧水、美容液、乳液またはクリームのすべてでスキンケアを最後まで完結させましょう。

まとめ

正しい使い方で化粧水を使うことで最大限に効果を発揮することができます。

今まで化粧水を間違った付け方で使用していませんでしたか?

化粧水の付け方を見直すことで今まで感じたことがない肌のうるおいやハリを感じられるかもしれません。

毎日行うものだからこそ丁寧に取り組んでいきましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

【男のニキビ跡を完全に消す!】今日から出来るたった1つの方法

ニキビ跡が出来てしまう原因

ニキビが出来た後に残ってしまう「ニキビ跡」。

ニキビが出来たまま放置してしまったり、無理やりニキビをつぶしてしまったりすると、ひどくなってしまいます。

特に男性に多くみられるこの「ニキビ跡」は、肌を汚く見せるだけでなく、老けて見られる原因にもなってしまいます。

これはニキビの炎症がひどくなることで「肌に大きなダメージ」を与えてしまい、その後ニキビが治ったとしても、肌にダメージの跡が残ってしまう事が原因です。

肌へのダメージが真皮層にまで到達してしまうと、ターンオーバーでの排出が出来なくなり「ニキビ跡」として残ってしまうのです。

メンズコスメの詳細ページへ

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には

色素沈着によるもの
赤みが残るもの
皮膚表面がクレーターのようにへこんでしまうもの
など様々な種類が存在します。

「色素沈着によるニキビ跡」は、茶色や赤黒いような色で、その色がそのまま肌に残る事が特徴です。

茶色く残った色素沈着は、表皮と真皮の境目付近に「メラニン色素」が残る事が原因で起こります。

ニキビによる炎症が起こった際に、肌を守るために大量の「メラニン色素」が発生し、それが原因となって色素沈着してしまうのです。

赤黒く残った色素沈着は、血液に含まれる「ヘモグロビン」が真皮に残ってしまう事が原因で起こります。

これも、ニキビによる炎症が原因となり、真皮にある毛細血管から出血が起こってしまい、その血液が時間がたつと赤黒く変化していき「ニキビ跡」を作ってしまうのです。

「赤みが残るニキビ跡」は、

肌の内部でまだ炎症が続いてる場合
炎症を治すために毛細血管が集まっている場合
皮膚が薄くなり血管が透けて見えている場合
この3パターンが原因として考えられます。

これら3つのパターンが、表皮でなく真皮内で起こってしまうと、なかなか消えにくい「ニキビ跡」になってしまいます。

最後に「クレーターのようにへこんでしまうニキビ跡」ですが、こちらもへこみ方によって種類があり、

アイスピック型
ローリング型
ボックスカー型
の3種類に分けられます。

まず「アイスピック型」と呼ばれるものですが、針で突き刺したように幅が狭く、深い穴が開いているのが特徴で、真皮よりも奥深いところまで到達しています。

次に「ローリング型」ですが、こちらは幅が広く、真皮のあたりまで半円状に深めの穴が開いているのが特徴で、ファンデーションやコンシーラーで隠すことが出来ないくらい、大きく陥没している事が特徴です。

最後に「ボックスカー型」は、「ローリング型」と同じように幅が広い穴ですが、底が平らになっており、他の2種類と比べると、最も目立ちやすいニキビ跡となっています。

※「クレーター状のニキビ跡を治す方法」は、色素沈着や赤みのあるニキビ跡と異なり、完治させるには自力のケアだけでは非常に難しく、専門的な治療が必要となるケースが多いため、後で分けて説明をしていきます。

ニキビ跡を消す方法

ニキビ跡を消すために「最も効果的な方法」は、ターンオーバーを正常にし、ニキビ跡のある角質をはがして、新しい細胞にすることです。

ターンオーバーが正常に行われていれば、本来ならば古い角質が剥がれ落ちるのと同時に、ニキビ跡はだんだん薄くなっていくのですが、ターンオーバーが乱れていると、ニキビ跡のある角質層が肌内部にいつまでも残ってしまい、ニキビ跡がなかなか消えないようになってしまうのです。

つまり色素沈着や赤みのあるニキビ跡は「ターンオーバーを正常にすれば完全になくすことが可能」なのです。

そして、ターンオーバーを正常に戻すためには「正しい生活習慣」「スキンケア」が重要となります。

ターンオーバーが乱れやすい人の特徴として、

慢性的な寝不足
血行不良
運動不足
ストレスがたまっている
スキンケア方法が間違っている
食事が脂っこいものばかり
などの特徴が考えられます。

ですので、これらの特徴に当てはまる人は注意が必要です。

ターンオーバーには睡眠が重要

ターンオーバーは寝ている間に行われるため、充分な睡眠時間を取らないと乱れが生じます。

ターンオーバーが始まってから、だいたい6時間ほどで終わるといわれているため、最低でも6時間以上の睡眠時間が必要です。

睡眠時間の中でも就寝後3時間が特に重要で、眠ってから3時間の間に「成長ホルモン」が最も分泌されるため、ターンオーバーの質がグンと上がります。

そのため「寝る直前の食事」「アルコール」「スマートフォンやパソコン」は、睡眠の質を著しく低下させてしまうので控えましょう。

睡眠についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

ビタミンを多く含むものを食べる

ビタミンには「ターンオーバーを整える効果」があります。

ビタミンを多く含む食べ物には野菜類が多いため、意識して普段の食事に野菜メニューを追加するか、難しい場合は「サプリメント」で取り入れる方法もあります。

ただし加熱処理をしてしまうと、ビタミンは効果を失ってしまうため、サラダなどの「生の状態」で摂取しましょう。

さらにビタミンには「肌荒れを抑える効果」もあるため、新しくニキビが出来ないように意識して食事に取り入れましょう。

血流を良くすることが重要

ターンオーバーを行うためには、新しい細胞を作らなくてはいけません。

細胞を新しく生成するには「栄養」と「酸素」が必要になります。

そのため、血流を良くして「栄養」や「酸素」をより多く運べる環境を作ることが、ターンオーバーの促進に大きく影響するのです。

逆に言えば、血流が悪いままだと、いくら食事で「栄養」を取り入れたとしても、体中にいきわたらなくなってしまうため、ターンオーバーに乱れが出てしまいます。

血行を悪くしてしまう原因は「疲労」「寝不足」「ストレス」「喫煙」「冷え」があり、これらは交感神経を優位にしてしまうため、血管が収縮してしまい、血流が悪くなってしまいます。

これらのことに注意をして「ターンオーバーを促進」し、ニキビ跡対策に取り組みましょう。

クレーター状のニキビ跡の治し方

クレーター状のニキビ跡は他のニキビ跡と症状が異なり、底の浅いクレーター状のニキビ跡以外は「ターンオーバーでは治すことが出来ません」。

ターンオーバーで治すことが出来るのは「表皮」までで、クレーター状のニキビ跡は「真皮」や、その下にある「皮下組織」までダメージが到達しているため、自力で完璧に治すことはほぼ不可能です。

しかし皮膚科で専門的な治療を行うことで、ニキビ跡を消すことが可能です。

破壊されてしまった真皮の細胞を再び増やすことで、クレーター状のニキビ跡は消すことが出来ます。

実際に皮膚科で受けられる治療には、

レーザーを細胞にあてることで活性化させる方法
クレーターになった部分にFGFを直接注射する方法
などがあります。

「レーザーを細胞にあてて治す方法」は、クレーターになってしまった細胞を1度破壊し取り除くことで、ニキビ跡周辺の細胞を入れ替えて、クレーター状のニキビ跡を治す方法です。

レーザーの種類やクレーターの深さ、範囲などによって大きく治療にかかる料金が変わってくる事や、治療後に腫れやかさぶたが出来てしまうので、1週間ほど患部を清潔にし、ガーゼを付けておかなくてはいけないこと、肌を大きく傷つけてしまうこと、などがあるので注意しましょう。

次に「クレーターになっている部分にFGFを注射で直接うつ方法」は、細胞を増やす能力をもつ「FGF」を直接ニキビ跡に打ち込むことで、細胞が増殖し、へこんでいたクレーター部分に新しい細胞を作りニキビ跡を治す方法です。

副作用が少なく、効果もほぼ永久的に続く方法ですが、必要以上にニキビ跡がふくらんでしまい、しこりのようになってしまうような失敗が起こった例もあるため、FGF治療の経験が多い医師を探すなど「信頼できる医師選び」が必要です。

こういった専門的な治療なしでは「クレーター状のニキビ跡を完全に治すことはかなり難しい」ので、自分自身でクレーター状のニキビ跡を治そうとしていた方は、1度専門医に相談してみましょう。

治療を受けたい範囲が広くなってくると、完治までに100万円以上の治療費がかかってしまうこともあるため、ニキビができた時点で間違ったケアをしないことが最も重要です。

間違ったケアはニキビ跡を悪化させる

ニキビ跡のケアを間違ってしまうと、肌を傷つけてしまいクレーター状のニキビ跡になったり、全くニキビ跡が改善されないといったことが起こってしまいます。

ニキビ跡がひどくなってしまうのは「刺激を与えてしまい、炎症がひどくなってしまった場合」がほとんどです。

洗っていない手で触りすぎて「雑菌が繁殖」してしまう、無理やりニキビをつぶしてしまう、といった「間違ったケア」を行ってしまうと、肌の真皮までダメージが到達してしまい、自分のケアだけでは消すことが出来ないニキビ跡を作ってしまいます。

洗顔やタオルで顔を拭くときの「こすれ」も、ニキビに強い衝撃を与えてしまうので、優しくこすりすぎないように細心の注意を払う必要があります。

ニキビが出来てすぐのケアを間違えると、肌に大きなダメージを与えることになり、クレーター状のニキビ跡が出来る原因になるので「正しいケア」を行うことが重要です。

まとめ

いつまでも残って「コンプレックス」になってしまうニキビ跡。

しかし、時間がかかってしまったとしても「正しい対策」をすればニキビ跡は消すことが出来ます。

諦めて悩み続けるだけでなく、今からすぐにでも対策を始めましょう。

メンズコスメの詳細ページへ
男の自分磨き

【男の魅力を最大化】自分磨きで理想の未来を手に入れよう

男の自分磨きとは

スキルアップのため、夢のため、婚活のため、給料アップのためなど、様々理由で「今よりもっと良い自分」になろうとしたことはありませんか?

自分磨きとは、内面や外見を今の自分より向上させることを目標に「努力すること」を言います。

外見と内面を磨くことで、新たに知識や経験を手に入れて「デキる男」「周りから一目置かれる存在」になることが出来ます。

より魅力的な自分を実現するために「自分磨き」に取り組んでいきましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

男の魅力を上げる要素

女性の中ではもうすでに「自分磨き」は「女子力アップ」と称して、その文化が定着してきています。

しかし男性においては「スキルアップ」や「筋トレ」など、個別の分野に特化した自分磨きはあるものの、男性の総合的な魅力を磨くための言葉や文化がまだ定着していません。

男の自分磨き=「男磨き」も必要な時代になってきていますので、積極的に男を磨いていきましょう。

「男磨き」を行うにあたり、男の魅力を表現する要素を「外見」「内面」「社会的地位」の3つに分類する事が出来ます。

「外見」の魅力をあらわすものは

  • 顔だち
  • 体型
  • 清潔感
  • 雰囲気

などが代表的です。

次に「内面」の魅力をあらわすものは

  • 性格
  • 決断力
  • ユーモア
  • 精神力

などがあげられます。

最後に「社会的地位」の魅力は

  • 肩書
  • 経済力
  • 学歴

などがあります。

これら「男の魅力」を手に入れると、収入のアップにつながったり、一生のパートナーと出会えたり、たくさんの人との繋がりを得ることが出来たりと「より充実感のある生活」を送ることができます。

男がやるべき「外見」の自分磨き

男性の外見を磨く際に、最も重要なポイントは「清潔感」です。

清潔感を出すために気をつけなくてはならないポイントは「肌」「歯」「髪」「服装」「臭い」です。

この5つのポイントは、周りからよくチェックされる場所なのでしっかりとケアしておく必要があります。

顔に自信がなかったり、ファッションセンスに自信がなくても「清潔感のある見た目」「服装」をしていれば、充分すぎるほど魅力的な外見になります。

清潔感を出すことで「恋愛」「婚活」に取り組もうと思っている人は、自分が思っている以上に細かいところまでチェックすることをおススメします。

これは男性よりも女性のほうが細かいところに気が付きやすく、男性が気が付きにくい細かいところにまで目を向けている事が多い事が理由です。

細かいところが汚いと、女性に「詰めが甘い印象」を与えてしまうので注意しましょう。

潤った肌

清潔感のある肌の条件は

  • 肌荒れがないこと
  • 潤いがあってみずみずしいこと
  • きめが細かくハリ、ツヤがあること

この3つの条件がそろうと、きれいな清潔感のある肌と思われる事ができます。

肌荒れが起こってしまう原因は、大きく分けると「皮脂の過剰分泌」と「乾燥」があります。

まず、ニキビや吹き出物などの肌荒れは「皮脂の過剰分泌」が原因となって起こります。

洗顔のやり過ぎや、脂っこいものを食べ過ぎると、皮脂を過剰に分泌するようになってしまいます。

皮脂量が多くなってしまっている状態を改善するためには

  • 脂っこい食べ物を控える
  • <洗顔で余分な皮脂を落とす
  • 充分な「保湿」を行う

この3つが効果的です。

男性の肌は女性の肌と比べて、もともと水分量が少ないうえに水分を肌に保つ力も弱いため、皮脂を多く分泌して水分を保とうとします。

肌を保湿し充分な水分量を保つことが出来れば、必要以上に分泌されてしまっている皮脂はおさまり、ニキビや吹き出物だけでなく、皮脂によるテカリやベタつきも改善することが出来るため、清潔感のある肌を作ることが出来ます。

次に肌が粉をふいてしまったり、ザラザラした触感になってしまう肌荒れは「乾燥」が原因となって起こります。

コチラも洗顔のやり過ぎが原因になったり「ヒゲソリ」「栄養不足」「老化」が原因となり発生します。

肌荒れのない潤いのある肌、きめが細かくハリ、ツヤのある肌を作る為には「正しいスキンケア」が欠かせません。

年齢とともに肌荒れが起こりやすくなったり、肌の水分を保つコラーゲンやセラミドが減少していくため「自分の年齢、肌の状態に合わせたスキンケア」が必要になってきます。

肌は外見の印象を大きく左右するので、清潔感のある肌を手に入れることは外見を磨くうえで最も重要です。

これからスキンケアに取り組んでいこうと考えている男性はぜひ、男性の肌を徹底的に研究し作られたBALIOをお試しください。

メンズコスメの詳細ページへ

キレイな歯

歯が汚いと「不潔な印象」を与えてしまいます。

歯の白さと歯並びは、外見の印象に大きな影響を与えます。

特に海外の先進国では歯並びに対する意識が非常に高く、欧米では「教養の良さ」や「身だしなみ」を図るものであるため、口元はとても重要視されています。

さらに口元は、笑顔を作るときの印象にも大きく関係するので、きれいにしておくことが望ましいでしょう。

定期的に歯医者に通って「歯の黄ばみ」や「汚れ」を落としたり、歯並びを矯正したりと歯に意識を向けることは、外見を磨くうえで忘れてはなりません。

最近では「ホームホワイトニング」のように自宅で手軽にできるケアも増えてきているので、取り組みやすい環境も整ってきています。

歯に汚れが付きやすいタバコやコーヒー、ワインを好まれる人は、特に念入りに「歯のケア」に取り組みましょう。

爽やかな髪型

髪型で清潔感を出すために簡単な方法は

  • 前髪をあげる
  • もみあげや耳周りをスッキリさせる
  • 髪の毛が傷んでおらずツヤがある

この3つでスッキリとした清潔感のある髪型になります。

男性の場合はショートスタイルであれば、さわやかで清潔感のある印象を与えることができます。

しかし、短い髪型が嫌いな人や前髪をあげるのが嫌いな人は、ぼさぼさに伸ばすのではなく「きちんとスタイリングをすること」「髪の毛を傷ませないこと」「目が隠れないようにすること」など、髪型にメリハリをつけることで清潔感を演出することができます。

またスタイリングも重要で、サイドにボリュームを出してしまうと「シルエットが四角く」なってしまい、一気に老けた印象を与えてしまうので、トップにしっかりとボリュームを持たせた「ひし形のシルエット」を狙ってスタイリングすることを心がけましょう。

スタイリングをする前は一度髪の毛をしっかりと濡らし、ドライヤーで形を整えてからスタイリングをすると、思い通りにスタイリングしやすくなります。

これは寝癖を一度リセットしたり、髪の根元を起こすためです。

トップにボリュームが出にくい人やくせ毛の人は、特に「一度濡らしてからのスタイリング」がおススメです。

清潔感を出すために「スタイリング」は必須になるので、ワックスなどを使ったスタイリングに慣れていない人は練習することから始めましょう。

ワックスをつける際は、手のひら全体に薄く伸ばした後、髪全体になじむように揉み込んでいきます。

このときにワックスがまばらについてしまうとスタイリングがうまくいかなくなるので、シャンプーをするときと同じくらい豪快につけていき、爆発したように大きくなった状態から抑えて形を作っていくことが「スタイリングのコツ」になります。

ただし前髪を下したスタイリングをする場合は、ワックスを前髪以外になじませた後、少し手に残ったワックスでスタイリングをしないと、ワックスの量が多過ぎて、束で固まってしまい思い通りにいかなくなることが多いので注意しましょう。

スタイリングについてわからないことがあれば、担当の美容師さんに相談すれば丁寧に教えてもらえるので、相談してみるのも良いと思います。

オシャレな服装

清潔感のある服装で注意しなくてはいけないのは「スーツやシャツのシワ」「靴の汚れ」です。

スーツやシャツにシワがあると「だらしない印象」を与えてしまいます。

また、オシャレは足元からと言われるように、靴は意外と周りの人からチェックされています。

オシャレにお金をかけなくても、シワや汚れさえなければ清潔感を出せます。

次に重要なことが「体系にあった服のサイズ感」です。

自分をオシャレに見せるために、最も重要なポイントです。

自分の体系にぴったりのサイズの服を着ていれば、Tシャツにデニムだけでも見違えるほどオシャレに見えます。

服装がダサく見えてしまう原因でよくあるのが「大きめのサイズの服を着ていること」です。

ストリート系の服装をするのであれば、わざと大きめのサイズを選ぶのですが、それ以外の系統の人が大きめの服を着てしまうと、一気にダサくなってしまいます。

「着丈」「袖の長さ」「肩幅」「ウエスト」を自分にあわせたものを選ぶことで、オシャレさを演出することができます。

  • 着丈の長さはベルトの位置に少しかかる程度
  • 袖の長さは手首の位置にあること
  • 肩幅に無駄な余裕が出ないようにすること
  • ウエストはピッタリしすぎずダボダボになりすぎずに着ること

これらが大切です。

ボトムスはベルトがなくてもずり落ちないくらいのサイズで、幅が太すぎずスソを引きずらないこと、これらに気を付けて服を選ぶことでダボダボでダサくなることはなくなります。

汚れやシワがなく、自分の体系にピッタリとあったものを選びましょう。

優しい臭い

体臭に気を付けることは清潔感をだすためだけではなく、マナーとして当然しなくてはならないことです。

「スメルハラスメント」という言葉が生まれたこともあり、男性は特に気をつけなくてはならない部分です。

男性の体臭は10代中盤から発生し、30~40代のころがもっとも強くなると言われています。

これは「ミドル脂臭」と呼ばれる臭いを発生するのがこの年代であり、体臭の中でも拡散力が非常に強いうえ、女性が特に不快に感じやすい臭いをしているためです。

「ミドル脂臭」は後頭部から最も臭いを発生する特徴があるので、自分で気が付きにくいという特徴がある厄介な体臭です。

この臭いを抑えるためには「皮脂を過剰に分泌させないこと」「常に体を清潔に保つこと」が大切です。

過剰に分泌された皮脂と、汗に含まれる乳酸を餌にして雑菌が繁殖することで、この臭いが発生します。

そのため

  • 脂っこいものを多く含む食事をとる
  • 洗浄力の強いシャンプーを使用する
  • シャンプーやスタイリング剤をしっかり洗い流さない

など、皮脂の過剰分泌が起きるような行為を見直すことが必要です。

また臭いを発生させないために、汗をこまめにふくこと。

その他、運動をする習慣を身に着けることで「汗腺を活性化させる」ことなども有効です。

そしてもうすでに体臭が気になっている場合は、朝出かける前に「1分ほどシャワーを浴びる」ことで、その日1日の皮脂分泌量を低下させることが出来るので有効です。

男性の体臭は10代中盤以降、汗と皮脂が原因となり、ずっと発生し続けるため、常に身体を清潔に保ちながら、臭いケアに注意を払い続けることが重要です。

男がやるべき「内面」の自分磨き

自分の内面を磨くことで交友関係が広がったり、スキルアップをしたり、モノのとらえ方が変わったりと「今後の人生を大きく変えること」が出来ます。

また婚活や恋愛面では、男女ともに相手に求めるものは「優しさ」「思いやり」といった内面的な部分が常に上位にきます。

内面とはつまり「人間力をあらわすもの」であるため、これを磨くことで

  • 社会性
  • 共感力
  • 知性
  • 精神力

を向上させることが出来ます。

これらの能力が向上することで、これからの人生の送り方の選択肢が大きく広がることになります。

外見を磨くことと同様に「内面」にもしっかりと力を入れましょう。

読書をする

読書は、偉大な先人が残した知恵に触れることができるツールです。

自分以外の価値観やモノの見方を簡単に手に入れることができるため、内面を磨くうえで読書ほど効率がよく、お金のかからない自分磨きはありません。

読書をすることで知識量が増え、会話の幅が広がるためコミュニケーション能力が大きく向上します。

また色々な角度からモノを見る力が養われるようになるため、共感力も身につくでしょう。

さらに読書量と年収は比例するともいわれており、年収が多い層になればなるほど「1か月で書籍代にかける金額が増えること」が、データとして2009年に日経新聞により発表されていたり、アメリカでは1日の読書時間が30分以上あるかという調査で、年収が300万円以上の層が88%に対して300万円以下の層が2%と、収入と読書をする習慣に関係があることがわかっています。

つまり、読書をする習慣を身に着けることで「思考力」や「視野の広さ」などの能力を高めることが可能なのです。

趣味の幅を広げる

趣味を作り、その幅を広げることで知識が増えたり、交友関係が広がったりと「社会性」や「共感力」を磨くことができます。

スポーツや複数で行う趣味であれば、社会性や精神力を向上させることができたり、頭を使う趣味であれば「知性を磨くこと」につながります。

1つの趣味に集中して打ち込むか、広い趣味で様々な知識を身に着けるかは、自分にあった方を選ぶようにしましょう。

また趣味の幅を広げることで、周りの環境が変化し「自身のライフスタイル」も大きく変化します。

今まで自分のいた環境から異なる環境へ踏み出すことになり、新たな感性を磨くことにもつながります。

このように趣味を持つことで「共感力」「雑談力」などの「コミュニケーション能力」も向上させることが可能になります。

色々な人と話す

自分の仕事と全く違う職種の人や、考え方、価値観の異なる人との会話は、学ぶことが多く「自分磨き」に最適です。

他の業種では当たり前の成功モデルを知ることができたり、一般にはまだ広まっていない最新の業界情報を知れることで、知識を増やすことができたり、1つのことに対して異なる価値観を持つ人の考え方を理解できるようになることができます。

内面を磨き変えるためには、自分1人の考え方や価値観だけでは難しい部分があります。

他人の力を借りたほうが効果が出やすいでしょう。

またいつも一緒にいる友人、職場の人以外からのほうが、今まで思いつきもしなかった話や考え方が聞けて新鮮かもしれません。

まとめ

「自分磨き」をすることで、今まで手が届かなかったものが得られるようになったり、生活が豊かになったりと、様々なことが変わる可能性があります。

婚活をするため、恋人を作るため、社会的な地位を手に入れるためなど「目標」があれば継続しやすくなります。

より楽しい人生を送るために「自分磨き」を始めてみてはいかがでしょうか?

メンズコスメの詳細ページへ
敏感肌の特徴

【肌が弱い人必見】敏感肌になる原因と効果的な改善法!

肌が弱い男は意外と多い

肌が弱く、少しの刺激でも肌が荒れてしまう「敏感肌」に悩んでいる男性は意外とたくさんいます。

冬場になると肌がカサついて粉をふいてしまったり、毎日のヒゲソリでカミソリ負けをおこしてしまって出血したり、肌荒れが起こってニキビがなかなか治らなかったりと、1年を通してずっと悩みが絶えない厄介な問題です。

女性と比べて男性は「乾燥」や「紫外線」に対するケア意識が低く、毎日ヒゲを剃る習慣もあるため、肌がどんどん弱ってしまい「敏感肌」になりやすい生活をしています。

そのため「敏感肌」に悩んでいる男性は非常に多いにもかかわらず、肌に関する知識がないため、ただただ「敏感肌」による痛みやかゆみを我慢し続けている人が多いのが現状です。

メンズコスメの詳細ページへ

敏感肌の種類

敏感肌には生まれつきの体質によるものと、環境や生活習慣によって後天的に起こるものがあります。

生まれつきの敏感肌は、遺伝による影響が強く、肌の機能が弱いことが原因です。

それに対して後天的に起こる敏感肌は、食生活や季節、環境の影響を受けて肌が不安定な状態になってしまうことが原因で起こります。

肌が弱くて悩んでいる人の多くは、後天的なものによる割合が高く、敏感肌を引き起こしている習慣や原因物質がわかれば、症状を抑えることや、改善していくことが出来ます。

生まれつき肌が弱い人の敏感肌

先天的な敏感肌は、生まれつき肌のバリア機能が弱いことが原因だと言われています。

このバリア機能が非常に弱くなっている状態が「アトピー」になります。

「アトピー」は、肌のバリア機能であるセラミドが極端に少なくなっているため、外部からの刺激が直接肌に伝わり、過剰に肌が反応してしまい炎症が起こります。

「セラミド」と「バリア機能」についてはセラミドがもつ驚きの保湿効果!乾燥知らずの肌を手に入れる!をご覧ください。

後天性の敏感肌と比べて、幼いころから肌が弱く、治すのが難しい特徴があります。

しかし、成長すると共に肌機能も成長し、症状が落ち着いたり、ほとんど症状が出ないようになることもあります。

後天的な敏感肌の原因とは

敏感肌に悩んでいる人のほとんどが後天性の敏感肌によるものだと言われています。

後天性の敏感肌になってしまう原因には様々なものがあり、

  • 季節の影響
  • アレルギー
  • 疲労
  • 間違ったスキンケア
  • 加齢

といった多くのものが考えられます。

これらの原因により肌が乾燥し、バリア機能が低下したり、アレルギー反応を起こすようになってしまい、後天性の敏感肌になってしまうのです。

大人になってから肌が弱くなったと感じる場合は、ほぼ後天性の敏感肌で間違いありません。

生まれつきの敏感肌と違い、決まった時期にだけ症状が出たり、一時的なもので終わることもあり、原因を特定すれば治すことも難しくはありません。

季節ごとの敏感肌を引き起こす原因

季節の変わり目は敏感肌の症状が出やすく、どの季節にもそれぞれ敏感肌の原因となってしまうものがあります。

春は花粉や黄砂、PM2.5などが空気中に大量に飛んでいるため、体の免疫が過剰に反応しやすく、敏感肌が最も起こりやすい季節と言われています。

また気温も急激に変化しやすく、体調も崩しやすかったり、生活環境の変化でストレスがたまりやすく、ホルモンバランスが乱れやすいことも原因になります。

夏は紫外線によるダメージで肌細胞が破壊されてしまったり、汗や皮脂に含まれる老廃物で肌のターンオーバーが乱れてしまい、バリア機能が正常に働かなくなり、空気が乾燥してしまう秋口に夏場に蓄積されたダメージにより敏感肌になってしまいます。

男性は特に「紫外線対策」や「日焼け後のスキンケア」が不十分なことが多いため要注意です。

秋は夏場受けた肌のダメージが表面化することと、空気の乾燥、急激な気温の変化、春とは異なる種類の花粉が飛ぶため、敏感肌の症状が表れます。

冬に向けてどんどん空気が乾燥していくため、秋から肌の乾燥を感じる人は、冬場になるとさらに症状が悪化しやすいです。

冬は健康的な肌の人でも乾燥してしまうほど空気中の湿度が低く、暖房などの影響もあり、肌のバリア機能が最も失われやすい時期です。

肌の水分量がもともと少ない男性は、女性よりも圧倒的に乾燥するにもかかわらず、スキンケアに取り組まず、乾燥がひどくなってしまい、カサツキや粉をふいた状態になってしまい、特に敏感肌を悪化させてしまう季節です。

敏感肌の症状が出る時期によって、何が原因になっているのか特定できるため、肌が弱くなって荒れやすい時期を覚えておきましょう。

季節にあわせた敏感肌対策で症状を抑えよう

春に敏感肌を引き起こすのは花粉、黄砂、PM2.5などのアレルギーを引き起こすものが原因となるため、これらの物質をなるべく避けることが一番の対策になります。

外出時にマスクを着用することや、室内に入る前に服をはたく、手洗いうがい、空気清浄機を使用するなどの対策が最も効果的です。

夏は紫外線や汚れへの対策になります。

紫外線はまず、日焼け止めなどでしっかりと防ぐことが重要です。

そして日焼けをしてしまった場合は、すぐに冷やしてその後しっかりとした「保湿ケア」に取り組みましょう。

汗や皮脂などの汚れは、しっかりと「洗顔」ををすれば落とすことができるので、毎日正しい方法で洗顔に取り組みましょう。

効果的な洗顔方法は【徹底解説!肌に優しい洗顔方法】洗顔方法が変われば肌が変わるで取り上げています。

秋は春と同じくアレルギー物質への対策をすることと、空気が乾燥してくるので、夏場よりも「保湿ケア」に力を入れることが効果的です。

秋口に入ってすぐに急激に肌が乾燥している場合は、夏場のダメージによる影響が大きいと考えられるため、夏の敏感肌対策が不十分なことが原因の場合もあります。

冬の敏感肌対策は、常に「保湿」を絶やさないことと、室内の空気を乾燥させないことです。

冬場の敏感肌は、乾燥で肌の水分が大きく失われることが原因なので、徹底的にスキンケアに取り組む必要があります。

乾燥した肌をそのままにしておくと「老化」を一気に推し進める原因にもなるため要注意です。

誰でもある日突然アレルギーになる可能性アリ

春の敏感肌の原因でもあげた「花粉」は、後天的に発症するアレルギーの中で最も多い物質になります。

後天的なアレルギーは「果物」「野菜」「魚介類」などの「食べ物」や「金属」、「天然のオイル」「繊維」など「自然由来のもの」からも発症します。

誰にでも突然発症する可能性があり、よく食べるものや身に着けているものが、ある日突然アレルギーを引き起こす物質になります。

アレルギー物質に触れてしまうと肌荒れを引き起こし、肌のバリア機能が失われ、敏感肌になってしまいます。

化学物質だけでなく、体に優しいイメージのある天然由来のものや、オーガニック製品などでも発症する可能性があるため、アレルギー反応の原因になっている物質を冷静に特定しなくてはいけません。

後天的なアレルギーを引き起こすものでも有名なのが「リンゴ」「そば」「小麦」「サバ」など、食卓に並ぶことが少なくないものであっても、急に強いかゆみや肌荒れ、じんましんを引き起こすことがあります。

アレルギーによる敏感肌対策は1つしかない

アレルギーによる敏感肌を治すためには、アレルギー物質を避ける以外に方法はありません。

まず最初に、原因となっている物質を特定しなくてはいけません。

アレルギーは、原因物質に触れた時のみ発生するので、肌に変化が表れる直前に触れたもの、食べたものの中にアレルギーの原因になっているものがあります。

原因が特定できないで病院に行っても、かゆみを抑えるための薬や保湿するためにワセリンなどしか処方できないため、根本的な解決にはなりません。

症状が強く原因がわからないのであれば、病院でパッチテストを受けることも有効な手段です。

とにかく原因を避けることが一番の改善法になります。

疲労は肌を弱らせる

肉体と精神に疲労がたまった状態が慢性的に続いていても、敏感肌を引き起こす原因になってしまいます。

疲れていると体調が悪くなるのと同じように、肌の調子もどんどん悪くなっていきます。

肌は「内臓の影響」を大きく受けるため、疲労がたまって内臓機能が低下した状態は、肌の機能も大きく低下させてしまいます。

機能が低下した肌は「ターンオーバーの乱れ」をおこし、肌のバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。

バリア機能を失った肌は、刺激から身を守ることが出来なくなり炎症を起こしやすくなるのです。

疲労による敏感肌には生活習慣の見直しを

疲労からくる敏感肌は、体調を整えることにより、内臓と肌を正常な働きに戻す必要があります。

肉体的な疲労を感じている人は、睡眠の時間と質を上げることや、ゆっくりとお風呂につかる日を作るだけでも、疲れがとれます。

精神的な疲労、いわゆるストレスによる疲労を感じている人は、体を動かすことや趣味に没頭してストレスを上手に解消するか、人間関係やモノのとらえ方を変えてしまうのが効果的です。

現在の生活習慣が肉体や精神の疲労を生む原因になっているので、生活習慣を見直さなければ慢性的な疲労から抜け出すことはありません。

また、自ら寿命をどんどん削ってしまうことにもなりかねないので、早めに生活を改善しましょう。

疲労を取ることが出来れば、次は「内臓」と「肌の機能」を整えましょう。

これらの機能を整えるには、食事によってビタミンやミネラルをはじめとした様々な栄養素をバランスよく取る必要があります。

なにか1つの栄養素を偏ってとってしまうとあまり効果がないので、肉、野菜、魚などをバランスよく食事に取り入れましょう。

現代の欧米化した食生活ではビタミン、ミネラル、タンパク質が不足しがちと言われているので、意識しながら食事のメニューを決めるのがおススメです。

仕事などが忙しく食事に気を回す余裕がない人は、サプリメントで不足している栄養を補うことも効果的な方法です。

サプリメントについては【今まで効果が実感できなかった人必見!】サプリメントの効果を最大化する方法で解説しているので、取り入れようと考えている人は是非一度ご覧ください。

間違ったスキンケアは長引く肌トラブルの元

せっかくスキンケアに取り組んでいても、間違った方法であれば敏感肌や肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

男性がスキンケアに取り組む際に間違えがちなのが

  • 肌をこすり過ぎている
  • 洗顔のやり過ぎ
  • 洗浄力が自分の肌に対して強すぎる
  • 化粧水だけでスキンケアを終えている

これらの間違ったスキンケアを続けていると、肌のバリア機能が失われて敏感肌になってしまいます。

スキンケアや洗顔をする時に肌をこすり過ぎてしまうと、角質層が傷ついてしまい、肌に炎症を起こしてしまったり、水分を保つ機能が著しく低下します。

洗顔の回数が多かったり、自分の肌にとって必要以上に洗浄力の強い洗顔料を使用していると、肌のバリア機能を作るセラミドなどの細胞間脂質まで洗い流してしまうことになり、水分保持力とバリア機能が失われてしまいます。

最後に化粧水のみでスキンケアを終わらせると、肌がより乾燥してしまうことがあります。

化粧水は、水分を補うことと保湿成分が浸透しやすいようにするためのものであり、化粧水のみでは保湿効果はあまり期待できません。

それどころか化粧水が蒸発する際に肌の水分を連れて蒸発してしまうため、より乾燥してしまい、敏感肌になってしまいます。

スキンケアは正しい方法で取り組まなければ逆効果になってしまうこともあるのです。

敏感肌には特別なスキンケアが必須

どのような原因であれ、敏感肌になってしまったら、通常とは異なる方法でスキンケアに取り組まなければ治りが遅くなってしまいます。

肌のバリア機能が低下してしまった状態であれば、本来肌に有効な成分であっても刺激に感じてしまいやすく、肌をさらに傷つけてしまうことになります。

特に液状のものは沁みやすいため、化粧水を使用すると敏感肌や肌荒れの治りが遅くなったり、完治しない原因になることもあるため、肌に異常がある時は基本的にはやめておきましょう。

また、どのような成分が肌に沁みてしまうかわからないため、なるべくシンプルなワセリンや敏感肌用のクリームなどで肌を保護するようにします。

最後に、洗顔料は洗浄力の優しいもの使用し、熱いお湯や冷たい水は避け、ぬるま湯程度の温度で洗いましょう。

皮脂を落とす力が強すぎるもの、スクラブ入りのもの、添加物、防腐剤が多く含まれるものは、肌への刺激が強すぎて、肌が炎症を起こしてしまったり、乾燥がひどくなってかゆみやヒリヒリとした痛みが取れなくなってしまったりします。

洗浄力が優しく、刺激の少ない成分で作られている洗顔せっけんや、敏感肌用に作られている洗顔フォームを使用する必要があります。

肌になるべく優しい成分で、刺激になる物質を避けて敏感肌が落ち着くまでスキンケアに取り組みましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

老化と敏感肌は同時にやってくる

年齢とともに肌は「バリア機能」「水分保持力」を失っていくだけでなく、皮膚が薄くなっていきます。

これにより、肌は外部からの刺激に対して弱くなっていき、敏感肌になってしまいます。

敏感肌になってしまうと、外部からの影響を強く受けるようになってしまうので「乾燥」「紫外線」から肌を守れなくなってしまい、肌の老化がどんどん進んでしまう悪循環になってしまいます。

肌の老化は30~40歳ごろに急激に進行し、見た目にも大きな変化を与えます。

老化による敏感肌になってしまうと、対策なしに改善することは難しく、今後ずっと付き合っていくことになってしまいます。

老化対策は変化が表れる前から取り組もう

老化による敏感肌になってしまったら「敏感肌にあわせたスキンケア」と「規則正しいと食事」によって改善しなくてはなりません。

年齢が上がるにつれて肌のバリア機能や水分量が失われているため、敏感肌を治すのに必要な労力と時間はどんどん増えていきます。

老化は変化が出てきてしまった後よりも、事前にアンチエイジングに取り組み予防したほうが圧倒的に楽であり、周りよりもかなり若々しい見た目をキープし続けることが出来ます。

男性でアンチエイジングに取り組んでいる人はまだ少ないですが、取り組んでいる人とそれ以外の人では「肌質」「清潔感」ともに大きな差がついてしまっています。

若い頃からスキンケアにしっかり取り組むこと、バランスの良い食事をとること、紫外線対策を若いうちからしておくことなどを意識して行いましょう。

まとめ

肌が弱いと毎日のヒゲソリや洗顔が苦痛になり、辛い生活を続けることになってしまいます。

自分が敏感肌になってしまっている原因をしっかりと特定するために、どの時期にどれくらいの期間肌が弱いままなのか、何かに触れたときにのみ肌が弱くなるのか、一定の年齢を重ねた時期からずっとなのかを判断基準にしましょう。

敏感肌は完治しなかったとしても、対策次第でほとんど症状が出ないようにすることは出来ます。

悩まされることのない健康的な肌を手に入れましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

【20代が老化の分かれ目!】老けない男になるためのアンチエイジング

人が老化していくスピードには個人差があります。

見た目や身体能力の差は年を重ねるにつれて、同じ年齢の人でも大きな差がつきます。

これは若いうちから老化防止のために様々な取り組みをしてきた人と、老化について何も対策しなかった人に確実に生まれます。

何歳になっても若々しく自分を保つためには、若くて健康的な20代のころからしっかりと老化を予防するために、規則正しく健康的な生活を送り、充分なケアに取り組むことが欠かせないのです。

メンズコスメの詳細ページへ

20代から老化予防(アンチエイジング)に取り組む必要性

若々しい見た目を保ち続けるには、20代のころから老化予防(アンチエイジング)に取り組むことが重要になります。

20代に蓄積した紫外線による肌ダメージは、30~40代にかけて「シミ」や「くすみ」となって必ず現れます。

また20代のうちから規則正しい生活、スキンケアに取り組む習慣が出来ていると、30代や40代から表面化してくるエイジング現象(老化現象)を抑えることが出来ます。

30~40代から老化防止に取り組むことは、20代から取り組むのと比べて、続けるのにかなり本人の強い意思と根気が必要になってきます。

20代のころに少し無理をすれば出来ていたことが、老化による衰えを感じる30~40代になるとキツく感じるようになります。

今まで送ってきた生活習慣を変えたり、新しい習慣を取り入れることには大きなエネルギーが必要になります。

そのため若ければ若いほど老化を予防するための生活を身に着けやすく、続けやすいメリットがあるのです。

20代から始めておきたい老化予防(アンチエイジング)のための習慣

20代のうちから取り組んでおくべき老化予防(アンチエイジング)は

スキンケアをする習慣を身につける
健康的な食生活を意識する
紫外線を予防する
運動する習慣を身につける
これらを自分の中で当たり前の習慣として身につけられていれば、30代を迎えたときに周りと圧倒的な差を作ることが出来ます。

20代からのスキンケアに必要なことは正しい方法で行うこと

「うるおい」も「ハリ」もある20代の肌であっても、早ければ20代後半に差し掛かってくると、今まで肌に負担をかけていた行動や習慣が、肌のカサツキやオイリー肌、シワ、シミ、たるみ、くすみとして出てきます。

20代のうちから正しい方法でスキンケアを行う習慣が出来ていれば、これらの老化現象の発生を抑えることが出来ます。

一度出てしまった老化現象を治すことは非常に難しいため、こういった変化がまだ起こっていない20代のうちから予防をしておくことが、より効果的な老化予防(アンチエイジング)になるのです。

しかし、スキンケアを始めてすぐの男性がよく陥ってしまう、肌に逆効果になってしまうような「誤ったスキンケア方法」には注意が必要です。

洗顔、タオルドライの際に顔を強くこすり過ぎてしまう
スキンケア用品をつける時の力が強過ぎる
化粧水だけでスキンケアを終えてしまう
顔の皮脂が気になって洗顔を何回もしてしまう
この4つは、男性がスキンケアを始めた時に、知識が偏ってしまっていたり、不十分であったりするとよくやってしまいがちなミスです。

これらの行為はすべて、肌にダメージを与えて、より老化スピードを加速させてしまう原因になります。

スキンケアをこれから始める人は、是非男性のアンチエイジング専用に開発したオールインワンメンズコスメのBALIOをお試しください。

メンズコスメの詳細ページへ

健康的な食生活は20代から始めておかないと後から改善が辛い

健康的な食生活を送ることもやはり若いうちから心がけておいたほうが良いでしょう。

20代でまだまだ基礎代謝も高く、健康的な男性は今は何を食べても影響は少ないのですが、食生活はなかなか簡単に変えられないものであり、30代に入った途端に急激に太り始めてしまったり、栄養バランスの偏りが肌、髪の毛、爪に大きなダメージとして現れることになります。

1人暮らしであったり、仕事が遅くまであり外食になりがちで、どうしても食生活が乱れがちな年代ですが

  • 意識して野菜を取る
  • 暴飲暴食はやめる
  • 脂っこいものばかり食べない
  • この3つはしっかり改善しておきましょう。

これらの習慣が20代のうちに身につけられていれば、年を重ねるにつれて失われやすくなる栄養素を取るように心がけるだけで、今後ずっと健康的な食生活を送り続けることが出来るだけでなく、生活習慣病の予防や体系の維持も出来ます。

健康的な食生活を送ることで老化を防ぐとともに、危険な病気のリスクも大幅に減らすことが出来るので、早めから取り組んでいきましょう。

紫外線によるダメージは取り返しがつかないので要注意

紫外線が肌に与えるダメージは、日焼けによるやけどだけでなく、肌内部の組織やDNAまで破壊してしまうため、一気に老化するスピードを早める怖さがあります。

さらに紫外線によって傷ついた肌内部のダメージは、すぐには肌表面には現れず、30代から40代になってから現れ、急激に見た目が老け込んでしまう原因になります。

紫外線に当たり続ければ、その分いつか年を重ねたときに急激に老化が加速することを覚悟しておかなければなりません。

そうなってしまわないように、20代のうちから日焼け止めを使い予防をしておくことが重要です。

また、日焼けをしてしまった後にしっかりとアフターケアに取り組むことで、少しでもダメージを和らげておくことも、数年後に大きな違いを生むことになります。

若いうちに身につけた運動習慣は大きな財産になる

20歳以上で、週に1~2回運動をする習慣のある人とない人では、体力年齢に10歳程度の差がつくことがわかっています。

つまり若いうちから運動をする習慣を続けていれば、40代になっても20代のころと同じレベルの体力をキープし続けることが可能になります。

さらに運動をすることで「体型の維持」「細胞や組織の老化予防」「血流の向上により老廃物が排出される」「筋肉が鍛えられて肌のたるみを防ぐ」など、若々しい見た目と体の内部を保つために、運動習慣は欠かせないものになります。

また、肌のハリやツヤに大きく関係する成長ホルモンの分泌を促進する効果もあり、20代中盤から減少する成長ホルモンを増やして、肌の老化の改善にも高い効果を期待できます。

年を重ねてから運動を始めると、ケガのリスクがあったり、思っていたよりも体がついてこなくて、しんどくなりすぐにやめてしまうことにつながりやすいのですが、体力のある20代のうちから運動習慣を身につけておけば、何歳になっても健康的で若い自分を保ち続けることが出来ます。

運動効率やダイエットについては効率よくダイエットするには正しい知識で運動しよう!をご覧ください。

スキンケアをする男性と全くしなかった男性に生まれる差

最近の若い男性にとっては、男性もスキンケアに取り組むことは当たり前になりつつありますが、まだまだ30代以上の男性でスキンケアに取り組んでいる人は半分程度です。

男性の肌は、毎日ヒゲソリによってダメージを受け続けていることや、女性と比べて半分以下の水分量、3倍以上の皮脂分泌量、毛穴も大きいことから、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きやすく、何もケアをしなければ清潔感が失われやすい特徴があります。

清潔感のない肌は、相手に不快な印象を与えるだけでなく、老けた印象を与えることにもつながります。

さらに肌が乾燥している状態が続くとシワができやすくなり、見た目年齢を一気に引き上げてしまうことになります。

毎日肌を保湿し、ケアを続けた男性の肌と、ダメージを受け続けた男性の肌では、年齢が上がるにつれて見た目年齢に大きな差が生まれてしまうのは当然のことなのです。

見た目以外にもある20代から始まる老化現象

肌の老化が20代から始まることは「25歳は肌の曲がり角」とよく言われることから有名ですが、見た目の老化以外にも20歳以降は成長を終えて身体全体の機能が年々衰えていきます。

20代から始まる老化現象には、脳の老化による記憶力の低下、筋肉が老化により減少し始めることがあります。

人間の成長は20代でピークを迎えるものが多いため、それ以降は個人の生活習慣によって緩やかに老化していく人と、急激に老化が進んでいく人に分かれていきます。

見た目だけでなく身体全体の老化の分かれ目は「20代にどういった習慣を身につけたか」で、今後大きな差を作っていくことになるのです。

20歳からは脳を使わないと一気に能力が低下していく

脳の老化は、20歳ごろから脳細胞が減少していくことで始まります。

脳細胞の減少による老化は、普段から脳に刺激を与えるような生活をしているかで、大きく老化スピードが変わります。

20代であれば新しい経験や知識を取り入れ、脳を刺激し続ければ、むしろ脳が発達して活性化することも可能な期間です。

20代のうちに脳をよく使った人と使わなかった人で大きな差が生まれてしまい、加齢とともに脳の機能が低下するスピードが上がっていくと、将来的に認知症のリスクも高くなってしまいます。

既に言葉が出てきにくくなり、よく「あれ」「これ」「それ」を使うようになってしまっている人は記憶力の低下が始まってしまっているので、すぐにでも老化対策を始めなくては、どんどん能力が低下していきます。

毎日同じ事の繰り返しのような生活にならないように、若いうちから新しい刺激を受け続けるようにしておきましょう。

20歳からの筋力低下は体型維持を難しくする

20代以降は普通に生活をしているだけだと、筋肉はどんどん減少していきます。

老化による筋肉の減少は下半身から始まり、足の能力の低下を自分でも感じるようになります。

さらに筋肉量の低下は、身体に様々な症状をもたらします。

具体的な例として

  • 血流の悪化
  • 代謝の低下
  • 疲れが取れにくくなる
  • 腰痛
  • 関節痛

などは「筋肉の衰え」が原因となって発生します。

これら「筋肉の衰え」による症状が合わさると、太りやすくなったり、肌が荒れてしまったりと、見た目にも影響が出てきます。

さらに「筋肉の衰え」を運動でカバーしなかった場合は、将来的にロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言われる、骨、関節、筋肉、神経などの衰えにより、寝たきりの生活になるリスクも必然的に高まります。

筋肉は使わなければ、すさまじい勢いで減少していきます。

病気などで1日中ベットの上から動かずに安静にしていると、たった1日でも1%以上の筋肉が失われると言われています。

体型などの見た目以外に、身体の機能を若く保つためにも、筋肉を落とさないよう若いうちから運動をする習慣を身につけることは、欠かすことが出来ないのです。

男性は20代のうちから体臭に予防に気を使っておくべき

男性は10代の中盤以降から、年代ごとに異なる体臭が発生します。

10~30代は、ワキから発生する「汗臭」、30~50代は、後頭部から発生し最も臭いが強いとされる「ミドル脂臭」、50代以降は、胸や背中を中心に発生する「加齢臭」といったように、常に体臭ケアに気を付けておく必要があります。

若いうちから取り組んで、最も効果のある体臭対策は「清潔な状態を保ち続けること」です。

体臭が発生する原因は「汗」や「皮脂」です。

10~30代で発生する「汗臭」は、汗と皮脂を常在菌がエサとして代謝、分解することで発生します。

30~50代の「ミドル脂臭」は、汗に含まれる乳酸を常在菌のブドウ球菌が分解し、ジアセチルという臭いの原因物質が発生し、この物質が皮脂と混ざり合うことで、より強烈な臭いを発生させる「ミドル脂臭」になります。

50代以降の「加齢臭」は、皮脂が空気中の酸素によって酸化することで発生します。

つまり「汗をかいたら放置せずにしっかりとふき取ること」「皮脂が必要以上に残らないように、シャンプーで頭皮全体をしっかりと洗うこと」「体も洗い残しがないように、すみずみまでしっかりと洗うこと」など、体を清潔に保つようにすれば、体臭が強くなることを防ぐことが出来ます。

体臭ケアを始める時は「まず体を清潔に保つこと」。

それから、3種類の体臭にあわせて対策をしていくことで、周りに不快感を与えるほどの臭いを発することはなくなります。

男性であれば誰にでも体臭は発生するので、常にエチケットとして臭いのケアに取り組んでおきましょう。

アンチエイジングについて正しい認識と早めの取り組みが1番効果的な理由

最近では認知度も高くなってきた「アンチエイジング」ですが、あくまでも老化が進むことで、見た目や体の機能が衰えていくスピードを緩やかにするものです。

老化スピードを遅らせ、将来の自分を健康的で若々しい状態に保ち続けることで、より充実した人生を送ることが出来ます。

緩やかにしても「老化を止めること」は出来ないため、アンチエイジングに取り組み始める年齢が早ければ早いほど、より若く健康的な状態で自分を保つことが可能になり、遅ければ遅いほど得られる効果が少なくなってしまいます。

アンチエイジングに取り組むということは「より若く魅力的で健康な自分を保ち続ける」という人生の送り方です。

年齢が上がっていくにつれて、アンチエイジングに取り組んできた人とそうでない人の「見た目」や「身体能力」「健康状態の差」は、確実に大きく開いていきます。

中でも「身体能力」と「健康状態の差」は、高齢になった時に病気や体力など、寿命にも関係する差として出てくることになる可能性があります。

健康的な生活を送ることで、生活習慣病や高血圧などを予防できれば「心筋梗塞」「脳卒中」などの大きな病を防ぐことにもつながりますし、身体能力を保つことで、寝たきりの生活を回避できたり、大きな病にかかったとしても回復力に大きな違いが生まれます。

アンチエイジングとは「見た目を若く保つことだけでなく、将来の自分のQOL(人生の質)を向上させること」にもつながるのです。

まとめ

健康で何も大きな変化を感じていない20代のうちに「どういった生活を送ったのか」で、30代以降の自分の見た目や身体能力、健康状態は変わっていきます。

まだ若いから大丈夫と思っていても、老化による変化は積み重なったものが急激に現れる時が来るので、気が付いた時には老化を強く感じるようになってしまいます。

20代が今後の老化スピードを変える「大きな境目」になることを覚えておきましょう。

メンズコスメの詳細ページへ
モテる男

モテない男は知らないだけ!モテる男だけが密かに努力していること!

モテる男性とモテない男性の違いとは

モテる男性とモテない男性の差はどこから生まれているのかを考えたことはありますか?

よく挙げられるものには「イケメン」であることであったり、性格の良さ、お金持ちなど誰でも思いつくようなわかりやすいものがあります。

しかし自分から見て、これらの基準を満たしていてカッコいいなと思う男性が全然モテていなかったり、逆にそれほど魅力を感じない男性がすごくモテていることは非常によくありますよね。

これは女性が男性を恋愛対象として魅力を感じるときは、男性の視点とは異なる目線で相手を見ているため、どうしてもモテる男性像に男女間で「ズレ」が生まれてしまうのです。

そこで本記事では、女性から見て魅力的なモテる男性と、モテない男性の差について詳しく解説していきます。

メンズコスメの詳細ページへ

イケメンは有利だが必須条件ではない

イケメンはモテる!
そう思ってる方がほとんどだと思います。

イケメンであることはもちろん一般的な男性よりもモテますし、はっきりとしたわかりやすい武器になります。

しかし、冷静に周りを見てみるとイケメンでもずっと彼女がいない男性や
イケメンでもあまりモテない男性も身近にいるのではないでしょうか?

つまりイケメンだったら誰であっても「モテる」ということにはならないのです。

人間には1ついい部分を見つけてしまうと、他の部分も優れていると勝手に思い込んでしまう心理が働きます。

そのため、イケメンであればあるほどコミュニケーション能力や性格などに求められるレベルも自然と高くなってしまうのです。

外見だけ良くても、内面が魅力的でなければ大きく期待を裏切ってしまうことになり、モテないイケメンとなってしまうのです。
「ギャップ萌え」なんて言葉がありますが、イケメンほど入り口の印象が良いため、非常に残念な内面をしていると、逆にがっかり度はより一層感じてしまいます。

そのためモテる男性とモテない男性の差は、単純に「顔の違い」だけでは決してないのです。

顔が良いことは良い印象を与えやすいポイントにはなりますが、話しかけられやすいというメリットはあっても、モテるという点においては顔がすべてではありません。

顔がすべてであれば美女と野獣カップルと呼ばれるような、カップルは誕生しないはずですよね?

モテる男に共通する外見とは

モテる男の外見

外見だけがモテる条件ではないと説明しましたが、外見は人の印象を決めるうえで非常に大きな要素です。

外見は顔だけではありません。もっと俯瞰して自分を見てみると、服装や髪型、身に着けているアクセサリーなどの身だしなみと呼ばれるものも外見の一部です。身だしなみは相手の印象に残る大きな要素です。

身だしなみを整えて「清潔感のある見た目」を演出することは、誰にでもできることであり、最近ではビジネスマナーとしても当たり前のスキルとして求められるようになっています。

きれいなスーツを着こなしている男性と、しわくちゃなスーツを着ている男性であれば、一般的に前者のほうが当然仕事ができるような印象を持ちますよね。

また、女性が男性の外見に求めることの1位に毎回挙げられているのも「清潔感」です。

つまり、恋愛においても清潔感のある見た目を演出するのは必須スキルとなっているのです。

清潔感のあるモテる外見は誰でも作れる

女性からモテる外見を作るためには「清潔感のある見た目」を作るだけで良いので、誰にとっても難しいものではありません。

清潔感と聞くと難しそうな印象を持ってしまいますが、要は身だしなみを整えるだけです。

ハイレベルなオシャレもセンスも必要ありません。

とにかく細かい部分まで気を付けてどれくらい清潔感を出せるかが重要になります。

モテる男の服装は清潔感とサイズ感が命

清潔感でかなり重要な部分を占めるのが服装です。

イメージでは雑誌に載っているような最近のファッションをしっかり抑えて、なかなかのお値段のハイブランドの服を着ないといけないイメージがありますが、決してそうではありません。

清潔感のある服装とは

・汚れていないこと
・シワがなくピシッとしていること
・傷んでいないこと

この3つさえ抑えていれば、よほど奇抜な組み合わせでない限り問題はありません。

そこに加えて、サイズ感も体型に合わせたもの選ぶことが出来れば完璧です。

男性の服装がダサくなってしまう原因のほとんどが、体系と服のサイズ感があっていないことです。

特に太ったりしてしまうと、服がぴちぴちになってしまったり、体系を隠すために大きいダボダボの服を来てしまいがちです。

自分の体型に合わないサイズの服を選んでしまい、印象がオジサンっぽくなってしまうのです。

いつも選んでしまう服より「ワンサイズ小さいもの」を試着してみたり、雑誌でアイテム単品を見るのではなく、モデルさんの全体像を見て体型に合うサイズの感覚をつかみましょう。

柄のインパクトが強いものや、色の組み合わせについては徐々につかんでいくものなので、最初はショップスタッフに相談して選んだほうが無難かもしれません。

ショップのスタッフさんに聞くことは決して恥ずかしいことではないので、
気軽に相談してみましょう。
おしゃれのプロの店員さんならきっといいアドバイスをくれるはずです。

しかし、ここ最近の流行は「ノームコア」などシンプルなスタイルが主流になっており、一部では今後シンプルなスタイルから大幅に外れるブームは起こりにくいのではないかとまで言われることもあるため、服の選び方は以前と比べると簡単になっていると言えます。

また男性はこだわりが強い為、1つのアイテムに集中してしまい、全体像をイメージすることを忘れてしまって、買い物に失敗することが多いので、常に「サイズ感」と「自分の持っている服との組み合わせ」を頭の中でイメージするようにしましょう。

試着しているときに、一度自分がどう見られているのかを冷静に考えてみるのも大事かもしれません。

とはいえ自分でファッションの流行を勉強するなど感覚を高めるような努力も必要です。

髪型はこまめに整えて清潔感を演出

モテる男の髪型

清潔感を出すための髪型はショートヘアが一番効果的です。

「しっかりとスタイリングすること」「こまめにメンテナンスにいくこと」を欠かさずに行えば、清潔でさわやかな印象を与える髪型になります。

前髪をあげることやツーブロックにすることで、よりスッキリとして、メリハリをつけることが出来るのでおススメです。

どのような髪型が良いかわからなければ、美容師の人に相談してみるのも良いです。
自分の顔の形やか頭の形から似合いやすい髪型を提案してくれます。

ショートカットが似合わないと感じる人や苦手な人は、ショートスタイルでなくても、伸ばしっぱなしのボサボサの髪でなければ清潔感は出せます。

目が前髪で隠れていないことや、バサバサで広がったりしていなければ、スタイリングで清潔感を出すことが出来ます。

乾かしただけで何もしていない髪型よりも、スタイリングして整った髪型のほうが圧倒的に清潔感のある見た目になります。

見た目が大事な芸能人が髪型をセットしているのは、やはりしっかりスタイリングをして、清潔な印象を与えるためにみんな髪型をセットしています。

前髪を上げて、おでこを出していると、誠実さを感じやすいように、ショートカットの方が清潔感を出しやすいため、楽をして、さわやかな清潔感を出すにはショートスタイルがおすすめです。

男性は1か月~2か月に1回はカットして整えておかないと、すぐにボサボサになってしまうので、美容院でキレイにしましょう。

スキンケアでモテ肌はもう当たり前

モテる男性に肌が汚い人は1人もいません。

肌が汚いと不潔な印象を与えるだけでなく、普段からの生活の乱れが身体や体形に現れるため、不摂生なイメージやだらしないイメージを与えてしまいます。

男性の場合は、皮脂が多くベタつきやすいことや、ヒゲソリで毎日肌を傷つけていることもあって、女性よりもニキビや肌荒れ、吹き出物といった肌トラブルが起こりやすい特徴があります。

最近では男性にもキレイさが求められており、女性に人気のある芸能人も「中性的でキレイな顔だちの人」が、昔と比べて圧倒的に増えていることなどでもわかると思います。

男性が肌を清潔に保つためにスキンケアを行うことは、もはや身だしなみとして当たり前のことなのです。

若い時は肌も生き生きしているためあまり意識しませんが、中年男性は脂でベタつき、テカっているのは印象がよくありません。
ベタつき肌は「女性が最も嫌う見た目」の1つです。

また同性である男性から見ても、脂でベタベタの顔をしていたり、肌がカサカサになって粉をふいてしまっている人が、決してモテるとは思いません。

モテる男性になるために「清潔感のある肌作り」は必要不可欠です。

しかし、スキンケアを今まで行っていなかった男性は、肌に関する知識が乏しいため、間違った方法でスキンケアに取り組んでしまうことがよくあります。

間違った方法でスキンケアを行ってしまうと、肌の状態が今よりも悪くなってしまいます。特にスキンケアは今まであまり関心のなかった男性が多いと思いますので、ぜひBALIOをご使用頂き、高品質なメンズスキンケアを体感してください。

メンズコスメの詳細ページへ

モテる男は細かいところに気を配る

爪が伸びすぎていたり、歯磨きが不十分だったり、少し鼻毛が飛び出ているなど、細かい部分の見落としには充分注意しましょう。

女性は男性よりも細かいところまでしっかりと確認しています。
女性が髪を切ったことに触れなくて、怒られた男性も多いのではないでしょうか?

「モテる男」と「モテない男」の外見の差は、ここが出来ているかどうかが大きな差になります。

服装、髪型、肌は、ビジネスの場で「マナー」として求められる部分でもあるため「当たり前に出来ていないといけない要素」であり、細かくてよく見ないとわからないところまで気を遣えている男性は、女性から見ても完璧であり、モテる、魅力的な男性になるのです。

女性が見ている細かい部分の中で、よく話題に上がるのが「手」です。

遺伝的に女性は手を観察する傾向が強いようで、手に対してこだわりのある人が多いようです。
男性の場合は職人さんやスポーツ選手の手のように、ごつごつした手も魅力的ですが、きれいな手に見られるように、メンテナンスは必須です。
ささくれがたくさんできていたり、カサカサの手では魅力も半減です。

常に細かいところまで気を配れるように、1日1度は鏡の前に立って「自分のことを確認をする習慣」を身につけることをおススメします。

外見よりも圧倒的な差がつく内面

モテる男性とモテない男性では「性格」や「考え方」が真逆と言っていいほどの違いがあります。

モテる男性は「ポジティブ」「余裕がある」「大胆な人」が多く、モテない男性には「ネガティブ」「受け身」「真面目すぎる人」が多い特徴があります。

この性格の違いは、行動力の差につながり、女性と出会う機会の差を作ったり、優しい人止まりで終わってしまう人と、自分が望んだ相手と恋人になれる人との違いを生み出したりします。

ドラマで最初は暗い雰囲気の主人公があることをきっかけに、明るくなり人生が変わる物語が多いですが、あれは現実的にもよくある話だと思います。
現実でもよくある話なので共感が得やすく、ドラマになりやすいのだと思います。

いろんなところから世間の女性が求めている男性の内面についてしっかりと知っていきましょう。

「優しい人がタイプ」という女性には要注意

好きなタイプは「優しい人」と答える女性がほとんどですが、女性の考えている優しさと、男性が想像している優しさは全く異なります。

そのため、優しい人がタイプのはずの女性から「優しい人止まり」や「優し過ぎる」といった、矛盾した言葉でフラれてしまうという不思議な状況が出来上がります。

女性の求めている「やさしさ」とは、いつもニコニコしていて物腰が柔らかく、常に周りに気を配り、争いを望まない人というような「愛に満ち溢れた人」のことではありません。

女性がタイプだという「優しい人」とは、強くて頼りになり、自分にだけ特別な「やさしさ」を見せてくれる人のことです。

学生のころに、ヤンキーの子がモテていたのを想像すればわかりやすいと思います。

自信があり、強そうに見えるヤンキーが、自分にだけ優しくしてくれると、女性はその男性のことがとても魅力的に感じ「優しい人がタイプ」となる訳です。

自分の大切に思う人に対してのみ、優しくふるまう人がモテやすく、誰に対しても優しくふるまう人は、魅力的に見えず、モテないということです。

同じ「優しい人」でも、女性と男性の考える「優しい人」にはこのような差があるので、全ての人に対して優しくするだけではいけないのです。

モテる男は行動力がある

モテる男性が、モテない男性に対して圧倒的に勝っているのは「行動力」です。

モテる男性は、出会いの場を探し、通ったり、積極的に自分から女性に話しかけたりと、積極的に動くことができるのですが、モテない男性はそもそもそういった積極性に欠けており、何も行動を起こさないので、決してモテることはありません。

何事においても言えることですが、目的に対して行動している人に対して、何もせずに「めんどくさい」と言っている人が、勝ることは一つもありません。

行動力のある人は非常にメンタルが強く、1人の女性に嫌われたり、冷たくされたくらいで傷ついて落ち込むようなことはありません。
モテる男性も決してすべての異性から惚れられる訳ではなく、見向きもしてもらえないこともあるのです。

モテない人に行動力がないのは、傷つくのが怖くて1歩が踏み出せなくなってしまっているからです。

良くサッカーではシュートを打たなければ、ゴールは決まらないといいますが、その通りで一つでも多くシュートを打つことが大事なのです。
またどれだけすごいサッカー選手でもすべてのシュートがゴールになるわけではありません。
ゴールを決められるまでシュートを打ち続けることが大切です。

また、行動力のある人には「勢い」があります。

勢いのある人は押しが強かったり、引っ張っていく力を持っており、女性は積極的な男性に魅力を感じることが多いため、モテやすいのです。

モテる男性は自信があり、モテない男性には自信がないため、このような「内面の差」が生まれてくるのだと思います。
モテる男性は自信があり、さらにモテるためより自信が深まり、もてない男性は勢いがないため自信もいつまでも持てなくなります。

モテる男になるためには、まず「自分に自信を持つこと」から始めましょう。
逆転の発想をすれば、行動をすることが自信をつける一歩になるはずです。

どんなジャンルでもいいので「得意なことを見つける」「外見を磨く」「知識を豊富にする」などで、今の自分よりも理想の自分に近づける努力をしましょう。

継続は間違いなく力になるはずです!

モテる男は「聞き上手」

恋愛以外の友人関係や仕事でも当てはまることですが、人から好かれるために最も必要なことは「コミュニケーション能力」です。

同性であっても異性であっても、話をしていて楽しい人のほうが、気を使いながら話をしなければならない人よりも、魅力的に感じるのは当然のことでしょう。

コミュニケーションにおける、モテる男性とモテない男性の違いは「男女のコミュニケーションにおける目的の違い」を理解しているかどうかという点になります。

男性は目的を達成する「手段」としてコミュニケーションを取りますが、女性はコミュニケーションを取って「人と気持ちを共有することが目的である」という違いがあります。

よくすれ違いがおこるのが、女性から相談を持ち掛けられた時です。

女性から持ち掛けられた相談内容に対して、男性は「解決策・答え」を考えながら話を進めていこうとしますが、女性は気持ちを共感して欲しいだけであって、自分の中ですでに向かう方向性は決まっているので「ただ背中を押してもらいたいだけなのに」というズレが生まれます。

こういった目的のズレが生まれるため、男性は「聞き上手」のほうが女性に好まれやすくなります。

「聞き上手」とは、話をただ聞くというわけではなく、相手が話しやすいように相槌をうったり、話を広げるために質問したり、といった「相手が気分よく話し続けられるように出来る人」が、本当の聞き上手なのです。

まとめ

モテる男性とモテない男性には「努力次第ですぐに埋められる差」があります。

上記で記述したように清潔感・コミュニケーション・内面などこつこつ努力することが大事です。
すこし意識して過ごすだけでどんどん変わっていくはずです。

決してイケメンがすべてではありません。
自分の良いところを知ることが自信を持つきっかけになるはずです。

また周りでモテている友人がいれば、友人を参考になぜモテているのかを考えてみることも
モテるようになるヒントがあるかもしれません。

明日から急にモテるようになるなんて夢のようなことはありません。

大切なのは、やるかやらないかという気持ちだけです。

今の自分という殻の中から一歩踏み出してみましょう!

メンズコスメの詳細ページへ
夏場のベタつきを解消する方法

夏場の嫌なベタつきを自力で解消するために必要なこと

夏のベタつきは清潔感を損なう

夏場になってくると少し動いただけで汗が吹き出し、顔や頭皮、体にべたつきが出てきて気持ち悪いと感じることが多くなってきますね。

1日中ベタベタした感じが残ったり、服が張り付いて気持ちが悪かったり、臭いが気になってきたりと、嫌な気分がずっと続いてしまうため何とか解決したいものです。

女性よりもべたつきやすい男性にとって、べたつきは毎年悩まされる厄介な問題です。

べたつきによりおでこから小鼻にかけてテカリも出てくるため、見た目の清潔感も失われます。

今年の夏は去年よりも暑くなりそうな雰囲気なので、快適に過ごせるようにしっかりと対策をしていきましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

ベタつきが発生する原因

ベタつきの原因

べたつきの原因になるものとして真っ先に思い浮かぶのは『皮脂』だと思います。

夏場は他の季節よりも皮脂の分泌量が多くなりやすい季節になります。

皮脂分泌量が増えてしまうのは、肌が乾燥してしまっていることにも原因があり、夏場は表面が皮脂や汗で潤っているように見えるのですが、実はエアコンや紫外線の影響を受けて「肌の内部が乾燥しやすい季節」なのです。

肌が健康な状態の人と比べて普段から肌が乾燥している人や、紫外線対策が充分に出来ておらず肌内部の水分を保つ機能が破壊されてしまっている人は、べたつきがひどくなってしまいます。

さらに夏場のべたつきのもう一つの原因となるのが『汗』になります。

汗にはべたつきやすいものとサラサラのものがあり、これらは普段から汗腺がしっかりと働いているかどうかで、どちらの性質を持った汗が多く出るのか分かれます。

汗腺の機能は普段から汗をかく習慣がないと、どんどん低下していきます。

そして機能が低下した汗腺は「塩分」や「ミネラル」を多く含んだ、べたつく汗を出すようになります。

「塩分」や「ミネラル」は水分とは違い、蒸発しないで肌に残るため、1日中べたつきとして残るだけでなく、肌表面に大量の雑菌を発生させ、強い臭いやかゆみが発生するようになります。

顔のベタつきを改善する方法

顔のベタつきを改善する方法

顔のべたつきを抑えるためには、スキンケアで肌内部で起こっている乾燥肌を改善するしかありません。

しっかりとした「保湿ケア」に取り組むことで、肌の水分を守ろうと必要以上に分泌されている皮脂を抑えることが出来るようになり、自然とべたつきの少ない肌へと導くことが出来ます。

夏場に行うスキンケアの注意点は「洗顔をしっかりとすること」と「化粧水だけでスキンケアを終わらせないこと」です。

洗顔は、大量に分泌された皮脂や汗をしっかり落とし、その後の保湿ケアの妨げにならないようにします。

夏の洗顔では水を使ってしまいがちですが、冷たい水が肌に触れてしまうと毛穴が閉じてしまい、奥に残ってしまっている皮脂汚れを落としきれなくなってしまいます。

最初はぬるめのお湯で毛穴をしっかりと開き、しっかり洗顔をした後に水で毛穴を引き締めると効果的です。

またべたつきが気になるから洗顔回数を増やしてしまうと、より乾燥が悪化してしまい、皮脂分泌量を増やすことになってしまうので絶対にやめましょう。

次に、洗顔後の保湿ケアを化粧水だけで終わらせてしまうことも、より乾燥肌が悪化してしまう原因になってしまいます。

化粧水のほとんどは水分で作られているため、化粧水を塗った後そのままの状態で放置していれば、化粧水に含まれる水分が蒸発する際に、肌にもともとあった水分まで一緒に蒸発させてしまいます。

化粧水の後にしっかりと乳液、クリーム、美容液を使用して、充分な保湿を肌に与えなくては、べたつきを改善することはできません。

クリームや油分のべたつきがどうしても我慢できないのであれば、ジェルタイプのオールインワンを使用すれば、べたつきが少なく快適に使用することができます。

保湿ケアは洗顔後すぐに取り組み、肌に水分がある柔らかい間に行いましょう。

メンズコスメの詳細ページへ

頭皮のベタつきは皮脂と不潔な状態を改善しよう

頭皮のベタつき

頭皮のべたつきが起こっている人の多くは、きちんと頭を洗えていないことが原因で起こっています。

汗や皮脂だけでなく、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤が頭皮に残ってしまい、べたついた状態になってしまいます。

これらは主に、シャンプーでしっかりと地肌を洗えていないことと、すすぎが不十分で汚れを流しきれずに残ってしまうことが原因になります。

落としきれずに残ってしまった油分は酸化し、雑菌を繁殖させるとともに臭いが発生するだけでなく、ベッタリとこびりついて、なかなか洗い落とすことが難しくなります。

頭皮のべたつきを改善するには、まず「シャンプーを正しく行うこと」が先決です。

そして、シャンプー前の流しを入念に行う必要があります。

シャンプー前の流しで、汚れのうちの8割を落とすことができると言われています。

軽く水分を含ませるくらいに流すのではなく、最低でも3分ほどは、こすりながらしっかりと流しましょう。

次にシャンプーをつけ、頭皮を意識して洗っていきます。

皮脂をはじめとした油性の汚れは、シャンプーを使わなければ完全には落ちません。

シャンプーをしっかりと泡立てて、地肌を指の腹でこするイメージで全体を洗いましょう。

30~40代の男性に発生する「ミドル脂臭」は、後頭部から最も強い臭いを出すので、特に念入りに洗いましょう。

最後にシャンプーやトリートメントを流していきます。

この最後の流しが充分に出来ていないことで、頭皮がべたつく原因になっていることが最も多いので、1番注意すべきポイントになります。

最後の流しにあてる時間が短すぎて流せていないことと、上からシャワーを当てて頭頂部から流すことで、後頭部から襟足付近にかけてシャンプーやトリートメントが残ってしまいやすくなることが、べたつきの原因です。

流し残しを少なくするためには、まず時間をかけること、そして下を向きながら襟足から流すことが効果的です。

シャンプー後の流しにかける時間は「シャンプーにかけた時間の2倍ほど」が目安になります。

そしてシャワーを上からでなく、下を向いて襟足からあてることで、流し残しやすくなる場所がなくなると同時に、翌日の皮脂分泌量が少なくなりやすいといったデータも出ています。

汗によるべたつきは体質から改善

汗によるベタつきを改善する方法

夏場に汗を抑える対策では、べたつきを抑えきれないため、汗をべたつきにくいものに変えることが現実的な解決方法となります。

べたつく汗は、汗腺の機能が衰えていることが原因なので、汗腺の機能を回復させる必要があります。

汗腺機能は、エアコンなどで簡単に温度を管理出来る現代では、何も工夫をしていないと自然に衰えていきます。

べたつきにくい汗に変えるには、日頃から汗をかく習慣を身につけることで解決できます。

普段の生活に少し工夫を加えることや、運動することで、汗をかく習慣は簡単に作れます。

効果的な汗腺機能を改善する方法には

半身浴
エアコンの温度設定を上げる
辛いものを食べる
ジョギングやウォーキング
これらのものがあります。

まず半身浴は、ぬるめのお湯でじっくりと身体を温めていくので、汗だけでなく毛穴の汚れや余分な脂質も流すことが出来ます。

またじっくりとお湯につかることで、自律神経を整える効果もあるため、過剰に分泌されてしまっている皮脂を抑える効果も期待できます。

次にエアコンの温度設定をあげておくことで、汗腺の機能低下を防ぐことができます。

外気と室内の温度差が5℃程度で収まるようにすることが理想的です。

最後に運動をする習慣は、クサい汗が出ないようにするための根本的な解決法になります。

運動不足の人の汗は、刺激臭を放つ「アンモニア」や「アルデヒド系の物質」を多く含み、非常に臭いの強い「べたつく汗」が出てしまいます。

このクサい汗は運動を習慣にして、筋肉をつけて代謝をあげ、老廃物をため込まない体を作れば改善されるため、その後悩まされることがなくなります。

まとめ

べたつきは健康状態や肌の状態の影響を大きく受けるため、自分の衰えや異常を感じ取る「一種のバロメーター」のような役割も果たします。

例年に比べて、べたつきがあまりにもひどくなったり、年々状態が悪化してしまっている場合は、自分自身の状態を一度確認してみましょう。

不愉快なべたつきのない夏場を過ごせるように、肌や体を整えていきましょう。

メンズコスメの詳細ページへ
清潔感のある男性

モテる男がやっている!清潔感のある見た目の作り方

プライベートでもビジネスの場でも、清潔感のある見た目は相手に好印象を与える武器になります。

また、女性が求める理想の男性像のトップは「清潔感のある見た目」となっています。

つまり、不潔な印象を与える外見だと、プライベートでもビジネスの場でも多くのチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

清潔感のある外見を作ることは、誰にでもできます。

そこで本記事では清潔感のある見た目の作り方について詳しく解説していきます。

清潔感のある見た目が求められる理由

モテる男性の特徴として挙げられる「清潔感のある見た目」ですが、最近では営業職やサービス業などビジネスの場においてもビジネススキルの1つであると言われています。

これは、清潔感のある見た目は相手に好印象を与えることができるうえに、やろうと思えば誰にでもできる手軽さがあるため、外見の重要性を理解している人ほど、すでに取り組んでいるのが現状です。

デートでも、商談でも、接客でも不潔な外見をした人に対応されると恋愛対象には見られないですし、ダラしなくて仕事ができない人間だと判断されてしまうのは言うまでもないでしょう。

清潔感を演出するということは、イケメンになるとかそういったことではなく、身だしなみを整えることです。

つまり、誰にでも出来ることができていない男性という評価がされてしまうため、清潔感がない外見は対人関係において、大きなマイナスにしかならないのです。

清潔感のある見た目を作るには

清潔感を演出するポイントもシンプルで、

  • 服装

この3箇所に少し気を使うだけで、できてしまいます。

男性の場合、顔は皮脂の分泌量が多くベタつきやニキビができやすかったり、乾燥して肌荒れが起こってしまいやすいため、清潔感が失われてしまいやすいパーツになります。

また、顔は人の印象を最も左右する部分にあたるので、清潔感のある顔を演出することは、最優先で取り組むべき場所になります。

次に、髪の毛も顔の印象に大きく影響を与えるパーツになり、いくら顔で清潔感を演出できても、髪の毛がボサボサになっていると何の意味もなくなってしまいます。

人に常に見られる顔周りを整えることは、清潔感を演出するのには欠かすことが出来ません。

最後に服装は顔以外の全ての部分の印象を左右します。

いくら顔周りを整えたとしても、服がしわくちゃで汚かったり、サイズ感が合わないものであれば、だらしない印象を与えてしまいます。

これら3つのポイントさえ抑えることができれば、誰にでも簡単に「清潔感のある見た目」を演出することができます。

それでは1つずつ、清潔感を演出するために実際にどうするべきなのかを詳しく解説していきましょう。

清潔感のある顔を作るには

男性の肌は乾燥していて皮脂が多いという特徴があります。

そのため、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こりやすく、ベタつきやテカリといった不潔な印象を与えてしまいやすい特徴があります。

これらは男性が生まれながらに持っている特徴になるため、適切なスキンケアを行わなければ防ぐことは難しくなってしまいます。

過剰に分泌された皮脂はその日のうちに洗顔で落として、清潔な状態を保つこと、保湿ケアに取り組んで乾燥によるトラブルを防ぎながら、皮脂を落としたことによる皮脂分泌量の増加を防ぐことが清潔感のある顔を作るのには欠かせません。

また、スキンケアを継続することによって10年後、スキンケアに取り組んでこなかった男性との見た目年齢には大きな差が出てくるので、外見の衰えにもスキンケアは効果を発揮してくれます。

最近では、10代の若い世代や営業職のビジネスマンなど外見に気を使う意識が高い男性を中心にスキンケアに取り組む男性が増えているため、何もしていない男性との顔の清潔感には今後大きな差が出てくることになるでしょう。

清潔感のある髪型とは

清潔感のある髪型と聞くと、短髪であればいいと思ってしまいがちですが、短髪よりもミディアムくらいの長さの方が雰囲気が出てよりオシャレにカッコよく見える男性もたくさんいます。

髪型で清潔感を演出するために重要なのは長さではなく、シルエットです。

日本人の場合は顔が面長の人が多いため、髪型をひし形に整えることで横にボリュームが出て、バランスが良く見えるようになります。

髪型の印象はシルエットのバランスが悪いとダサく見えてしまうため、必ずシルエットをひし形になるよう意識しましょう。

また、日本人はハチが張っており、後頭部は絶壁、頭の形がデコボコの人が多いため、スタイリングをせずに髪型がひし形のシルエットにならない人がほとんどです。

めんどくさがらずに毎日スタイリングをすることは最低限続けるようにしましょう。

清潔感のある服装の作り方

清潔感のある服装を演出するためには自分の体型にあった服選びをすることが最も重要です。

しわくちゃだったり、汚れている服を着ているのはもちろん問題外です。

体型に合った服が選べていれば、シャツとパンツを合わせただけのスタイルでも引き締まって見えるため、オシャレがわからない人でも簡単に服装をカッコよく見せることができます。

高いブランドで服を揃える必要もなく、誰でも簡単にできることなので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

清潔感のある見た目を演出する方法はご理解頂けたでしょうか。

めんどくさいと諦めてしまうと無理ですが、身だしなみに少し気を使うだけで誰でも簡単に清潔感のある見た目は手に入ります。

ぜひこの機会に相手に好印象を与える見た目を手にい

肌のかゆみが起こる原因と改善方法

肌がかゆくなって、我慢できずにかいてしまいはだがボロボロになってしまうことはありませんか?

季節の変わり目にかゆみが強くなってしまったり、ある特定のタイミングでかゆみが強くなったりと人それぞれかゆみが発生するタイミングは異なります。

この辛い肌のかゆみを改善するには、原因を特定し、その原因に適したケアをしなければ症状が自然に治ることはあまりありません。

本記事では、メンズコスメメーカーであるバーリオが、肌のかゆみが発生する原因とその改善方法について詳しく解説していきます。

肌のかゆみに悩まされている方はぜひ、本記事を参考にして肌のかゆみを改善していきましょう。

肌のかゆみが起こる原因

肌にかゆみが発生する原因は、何かしらの刺激を肌が受けた時に、肌の免疫機能が働いて炎症を起こしてしまうことにあります。

肌が受ける刺激は人によって異なりますが、大きく分類すると

  • アレルギー反応
  • 環境によるもの
  • 精神的なもの

この3つになります。

これに加えて、肌が乾燥していて、外部からの刺激から身を守るためのバリア機能が低下していると、刺激から身を守るものがなくなってしまい、より強いかゆみが発生してしまいます。

では、これらのかゆみを発生させてしまう原因について1つずつ詳しく見ていきましょう。

アレルギー反応によるかゆみ

肌にかゆみを与えてしまうアレルギー物質は数多く存在しています。

個人の体質によってアレルギー反応が起こる物質は変わりますが、かゆみが発生するのは、アレルギーの原因物質が肌に触れることがきっかけになります。

金属などの身につけた部分がわかりやすく荒れるアレルギー物質であれば、それらに触れなければかゆみは解消されます。

しかし、花粉やハウスダストなど目に見えない物質によるアレルギーが原因の場合は触れないという対処は物理的に不可能です。

生活環境を変えることでアレルギー物質に触れないようにするか、アレルギー反応を抑える薬を服用し、かゆみを抑える対策を取ること以外の対策は難しいでしょう。

かゆみが我慢できずにかいてしまい、肌を傷つけてしまうと、肌が荒れてしまいよけいにかゆみがひどくなってしまい症状が悪化してしまうので注意しましょう。

環境によって発生するかゆみ

冬場の空気の乾燥や、夏場の紫外線、気温など外部環境が原因となってかゆみが発生するケースがあります。

外部環境によって発生するかゆみのなかでも1番多いのが、冬場の乾燥した空気により、肌が乾燥してしまい、かゆみが発生するケースです。

肌が乾燥してしまうと、肌を外部からの刺激から守るバリア機能が低下してしまい、少しの刺激でも過剰に免疫反応を起こしてしまい、強いかゆみが発生するようになってしまいます。

冬場になると粉を吹いてしまうほど肌が乾燥する人や、肌が弱くなってしまい赤くなる男性は、乾燥肌が原因でかゆみが発生しているのです。

また、紫外線も冬の空気と同じで肌のバリア機能を破壊してしまうので、同じようなメカニズムでかゆみが発生してしまうのです。

ただし、紫外線によるかゆみは紫外線アレルギーを発症しているケースもあります。

どちらの原因であっても、日焼け止めを活用して紫外線が肌に触れないように対策する事が可能なので、日差しが強い日にかゆみが発生しやすい人は、日焼け止めを必ず使用するようにしましょう。

精神的な原因によって発生するかゆみ

精神的なストレスや疲労によっても肌のかゆみが発生します。

ストレスや疲れといった精神的な原因により、かゆみが発生する場合は蕁麻疹や湿疹として肌に表れるケースが多くなります。

体調が優れない時や、疲れが溜まってる際に肌にかゆみが発生する場合は、精神的な原因によりかゆみが発生している可能性が高いと言えます。

肌のかゆみを改善する方法

肌のかゆみを改善するために必要なのは、肌のバリア機能を正常な状態へと戻すことが先決です。

バリア機能が正常に働かなくなってしまう原因は、肌の水分が不足することにより、水分と油分が何層にも重なり合ってできているバリア機能の構造が崩れてしまうことです。

つまり、肌が通常通りの水分を保持できる状態を取り戻してあげることが、必要になります。

まずは、健康的な生活習慣を送り、肌が自ら正常な状態へと戻れる環境を整えることから取り組んでいきましょう。

不健康な生活習慣を送っていると、肌は本来の機能を発揮することができず、どんどん弱くなっていきます。

この状態では、どんなにスキンケアを頑張っても充分な効果を得ることはできません。

次にスキンケアによる保湿ケアは、悪化したバリア機能をサポートするとともに、肌に水分を与え、より早く正常な状態へと肌を整えるのに必要です。

一度弱ってしまった肌は、自然治癒力だけで改善しようとしてもある程度長い期間が必要になってしまいます。

またバリア機能を失っている肌に外部からの刺激が加わってしまう度に、かゆみが発生我慢できずにかいて肌を傷つけてしまうことになります。

辛いかゆみを抑えるためにも、保湿ケアにはしっかり取り組むようにしましょう。

まとめ

肌のかゆみが起こる原因と、改善方法はご理解いただけたでしょうか?

我慢できないけど、かいてしまうとまたかゆみが発生してしまうという悪循環に陥りがちですが、しっかりと対策をして、辛いかゆみから抜け出せるようにしましょう。

男性の肌質の特徴であるインナードライ肌について

インナードライ肌という言葉を聞いたことはありますか?

スキンケアに今まで取り組んだことがない男性にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

しかし、ほとんどの男性は生まれながらにして、このインナードライ肌という肌質をしています。

バーリオでは、この男性に多いインナードライ肌をケアし、男性が綺麗な肌をキープし続けることを考えて成分のバランスを考えました。

このインナードライ肌を研究することによってわかった男性の肌の特徴について、本記事では解説していきます。

これからスキンケアを始めようと考えている男性、なんとなくでスキンケアに取り組んでいる男性はぜひ、本記事を参考にして、今後スキンケアに取り組んでいってください。

インナードライ肌の特長とは

インナードライ肌とは読んで字のごとく、内部が乾燥しているという肌質ということになります。

男性の肌は皮脂が多く、ベタついてしまったり、テカりが目立ってしまうという点にばかり注目してしまいがちですが、実は皮脂で覆われている肌の内部が乾燥してしまっている男性は非常に多くいます。

これは男性が生まれ持った肌の特長による部分が大きか影響しており、肌の水分量と水分を保持する能力が女性の肌と比べると半分程度しかないこと、皮脂を生成する皮脂腺が女性と比べて大きく、1日の皮脂分泌量は女性の2〜3倍にもなります。

通常の乾燥肌であれば皮脂の分泌量も減少しているため、肌が乾燥してしまっていることが簡単にわかるのですが、皮脂で覆われてしまっているため、乾燥しているのがわかりにくい性質を持っています。

この乾燥肌と脂性肌、2つの特徴を持つインナードライ肌には様々なデメリットが存在するため、スキンケアで肌を整えておかないと、後々見た目に大きな影響を与えてしまうのです。

インナードライ肌によるデメリット

インナードライ肌の最大のデメリットは、乾燥肌と脂性肌、両方の肌トラブルが起こってしまうことにあります。

乾燥肌の性質を持った肌は、

  • シワやたるみといった老化
  • 角栓による毛穴の詰まり
  • 肌が弱くなり敏感肌になる

などの肌トラブルが発生してしまいます。

肌の乾燥と見た目の老化は密接な関係にあるため、綺麗な肌をキープするうえで、必ず避けなければいけないトラブルになります。

次に脂性肌の性質を持った肌は

  • 皮脂の酸化によるくすみや臭い
  • ニキビや吹き出物
  • 毛穴の開きにより肌が汚くなる

などの肌トラブルが発生してしまいます。

皮脂が過剰に分泌されることによって、肌の見た目が汚くなってしまうトラブルや、臭いが発生するなど、男性がコンプレックスに感じていることが多いのが特徴です。

インナードライ肌では、これら全ての肌トラブルが常に起こってしまいやすい状態になるため、スキンケアにより、肌のを整えていないと、年齢を重ねるにつれて肌の衰えが目立つようになっていくのです。

まとめ

男性に多いインナードライ肌は、男性に起こる肌トラブルの根本的な原因の1つだということができます。

デリケートな肌質なうえに、生活習慣やストレスが加わってしまうと、男性の肌はすぐに肌トラブルに悩まされるようになってしまいます。

綺麗な肌をキープするためには、男性特有の肌質をきちんと理解し、適切なスキンケアに取り組めるようにしていきましょう。