オーガニック化粧品

オーガニックコスメのメリットとデメリット

最近スキンケア業界で最も人気のある化粧品のジャンルといえば「オーガニックコスメ」ですよね。

自然由来の成分がたくさん使われていると聞くと、肌に優しそうな印象を持ったり、何か羽田にいい効果を与えてくれそうな印象を持つ人が多いと思います。

しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在し、そこを考えずにただオーガニックコスメだからという理由だけでスキンケア用品を選んでいると、高いお金だけ払って、あなたの肌質や肌の悩みに合わないスキンケア用品を使い続けてしまっている可能性もあります。

そこで本日は、メンズコスメメーカーであるBALIOがオーガニックコスメのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

オーガニックの意味とは

そもそもオーガニックの意味を完全にわかっている人は少ないのでは無いでしょうか。

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに自然の力だけを使って作られた野菜や植物などのことを指します。

このオーガニックで栽培された野菜や植物を使って作られた化粧品をオーガニックコスメと言うのです。

「天然成分」や「自然派」と言われる化粧品との違いは栽培方法だけになります。

ただ、農薬や化学肥料を使っていないから、他の野菜や植物よりも安全性が高いということにはなりません。

アレルギーのリスクはどの野菜や植物にもありますし、化学成分がなくても肌への刺激があるものはたくさん存在しているので、オーガニックだからなんでも安全とはならないので注意が必要です。

日本のオーガニックコスメ事情

日本にあるオーガニックコスメには基準が存在しません。

極端な話をしてしまえば、メーカーがオーガニックコスメだと言ってしまえばオーガニックコスメとして販売することが可能です。

ヨーロッパやアメリカなどのオーガニック文化が発展している地域では、国がオーガニックの基準を明確に定めていたり、国際的なオーガニック認定機関が存在しており、厳しい審査を受けて通過した化粧品のみが認定機関のマークをパッケージに使用することを認められるようになります。

残念ながら日本にはこういったオーガニックコスメに対する制度の整備がされていないため、メーカーの言うことを信じて購入するか、自分がオーガニックに対する知識を一生懸命身につけて選ぶしか無いのが現状になってしまっています。

そのためオーガニックコスメと広告やホームページなどで紹介されていても、実際に使用されている成分を見てみると化学成分がたくさん使われているケースも多々あるので、オーガニックに強いこだわりがある人は、自分でオーガニックや化粧品に関する知識を身につけることが必須になってくると言えるでしょう。

オーガニックコスメのメリット

オーガニックコスメのメリットは環境に優しいものが多い点と、自然由来の成分だけで香りを作ることができるのでは肌への刺激が強い香料を使う必要がなくなる点でしょう。

オーガニックコスメの匂いは、植物の抽出液によって作られているものが多く、アロマオイルと同じようなものになります。

そのため、香りによるリラックス効果や使用されている植物の香りによる効果を得ることができます。

また天然成分は分子量が大きいため肌の内部まで深く侵入することができません。

つまり、化学成分を多く使用している化粧品と比べると安全性が高いと言うことができる場合もあります。

オーガニックコスメのデメリット

オーガニックコスメのデメリットは良い化学成分に比べると効果が劣ることと、植物の中にどんなん成分が含まれているのかがわからないことになります。

メリットでも紹介しましたが、自然成分は分子量が大きいため、肌内部に浸透することができず肌の表面までしか作用することができません。

そのため、肌の悩みをスキンケア用品でサポートして早く解決していくのはかなり難しくなります。

また、オーガニックコスメによって肌に異常が起こってしまった場合、原因が特定するのが非常に難しくなります。

天然成分は世の中に存在する成分を複数組み合わせてできているものになります。

つまり、どの成分によって肌が荒れてしまったのか特定するのがパッチテストなどを行わないと難しく、多くの成分が含まれているのでそのリスクも高くなっています。

化学成分は天然成分の中から1つの成分を取り出して安定させたものになるので、安全性が高い化学と比べるとオーガニックで作られている成分の方がリスクの高い成分になってしまうのです。

まとめ

オーガニック成分の特徴については理解していただけましたか?

なんとなくいいイメージがあるからといった理由だけでスキンケア用品を選んでしまうと、自分の肌にあったスキンケア用品と出会える確率は大きく下がってしまいます。

正しい知識を身につけて、自分の肌質と悩みに合わせたスキンケア用品を選べるようになりましょう。

手作り化粧品のメリットと危険性について

肌に良いスキンケアアイテムを探していると、手作りの化粧品を使用することを勧めているサイトを見かける事が多いと思います。

手作りと聞くとイメージ的に、肌に良さそうとかんじてしまいますが、実は店やネットで売っているスキンケアアイテムを使用するよりも、注意深く扱わなければ、肌荒れを始めたしたトラブルがかなり高い確率で発生してしまいます。

そこで本日は、手作り化粧品のメリットとデメリットについて、実際に化粧品を開発しているメーカーの目線から詳しく解説していきます。

手作り化粧品の使用を考えている方は、ぜひ本記事を読んでから、自分に向いているかどうかを判断するようにしてください。

手作り化粧品のメリット

手作り化粧品の最大のメリットは、自分で成分をコントロールできることになるでしょう。

化粧品の成分と肌についての知識が十分にあれば、自分の肌に必要な成分とだけを配合した化粧品を作ることが可能です。

肌が敏感な人やアレルギーが多い人であれば、自分の好きなようにすべての成分をコントロールできると自分の肌に最適な成分を配合することができます。

また、かかる費用も材料費のみになるため、モノによってはコストを抑えることも可能になる場合があります。

※生産量が大幅に少なくなるので、逆に1つあたりの成分にかかるコストが高くなることもあります。

手作り化粧品のデメリット

手作り化粧品の最大のデメリットは、安全性が非常に低いという所になるでしょう。

ドラッグストアやネットで販売されている化粧品は、工場にて化粧品の成分について十分な知識をもった研究者が作成しています。

さらに、法律によって定められている厳しい基準をクリアしたものでなければ、販売することが出来ません。

それに比べて、手作りの化粧品は成分の知識が無い素人が作ったものになるため、安全性の面で大きな問題を抱えてしまいます。

成分によってはいいものであっても、混ざり合う事で毒性を発揮してしまうこともあります。

また、一般人に向けて売られている成分は化粧品に使用するためのものではありません。

そのため、クオリティが低くなってしまいます。

本当にいい化粧品を作ろうとすると、それなりの研究施設や機材が必要になるので、やはり手作りの化粧品には限界があると考えておいたほうがいいでしょう。

手作りの化粧品で起こった実際のトラブルの例

手作りの化粧品を使用したことによって起こった肌のトラブルは多く存在しています。

中でもよくあるトラブルが、手作りの化粧品のなかで雑菌が大量に繁殖してしまい、ひどい肌荒れを起こしてしまうケースです。

化粧品に配合されている油分などの有効成分は、雑菌が繁殖するのにも最適な環境になります。

また、手作り化粧品に直接指で触れてしまうような使い方をしていると、容器内に残っている化粧品に手の雑菌が移ってしまい、すぐに雑菌まみれになってしまいます。

他にも、成分の組み合せが悪かったために、肌に強い刺激を与えることになってしまい、肌が酷く荒れてしまったというケースも存在します。

せめて化粧品や成分に関して、プロ級の知識があると言っても過言では無いくらいの知識がなければ、手づくりの化粧品を使用することはやめておいた方がいいでしょう。

まとめ

安全に手づくり化粧品を作成し、使用するためには相当な知識が必要になります。

肌にいい成分がわかっていれば簡単に作れる程、化粧品の成分と肌は簡単には出来ていないのです。

本気で化粧品について勉強して、それを仕事にするくらいの高い志が無いので荒れば、素直に売られている化粧品を使用するようにしましょう。

知らないと案外危ない!化粧品と医薬部外品の違い

化粧水やシャンプーなど、美容系のアイテムを探しているときに、化粧品と表記があるものと医薬部外品と表記されているものがあることに気が付いたことはありませんか?

同じ化粧水というカテゴリーであっても、化粧品と医薬部外品では効果や、肌や髪の毛などが受ける刺激が大きく異なってきます。

美容師の方々が使用しているパーマの薬なども、化粧品登録のもの(コスメパーマなどと言われる)と医薬部外品(一般的なパーマの薬)があり、髪の毛の状態やお客さんの頭皮の敏感さによって細心の注意を払いながら使い分けているほどであり、この違いを知らないまま適当に美容系のアイテムを選んでしまうのは結構危険です。

そこで本日は、化粧品と医薬部外品の違いについて詳しく解説していこうと思います。

自分の肌や髪の毛の悩みに最適な化粧水やシャンプーを選ぶのにも必ずあったほうがいい知識なので、ぜひこの記事を参考にして成分についての知識を広げてみてください。

薬機法による分類

化粧品に分類されるか医薬部外品に分類されるかは、法律によって細かく決められています。

薬機法(旧 薬事法)の中には化粧品と医薬部外品の定義が定められており、

化粧品は

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」

医薬部外品は

「次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等でないもの。]

  • 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛又は除毛
  • 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

このように難しい言葉で説明されています。

このまま見ると全く意味が分からないと思うので、簡単に説明すると「人体に与える影響の強さで分類されている」ということです。

薬機法の中では効果が強いものから順に、医薬品>医薬部外品>化粧品となっています。

勘の鋭い方や薬品系の知識がある方は気づいたかもしれませんが、効果の強さに比例して、副作用も大きくなっていきます。

つまり、効果が強いものは正しい知識を持った人が使わないとかなり危険な毒物にも変わってしまうのです。

化粧品の特徴

化粧品の特徴は、効果が弱いが安全性が高い点です。

スキンケア用品やメイク用品、男性になじみのあるものであればヘアワックス、意外なものであれば歯磨き粉などの多くの商品が、この化粧品に分類されています。

つまり、シミを消したり、ニキビを根本から治すなど、人体に直接的な影響を与える効果はありません。

そのため、「これを使えば~が治る」といったような表現をした広告などを出稿することは禁止されています。

※最近この法律を無視したようなダイエットサプリなどの広告が出稿されて問題になっていますが…

ただ最近では、医療現場でしか使用することができなかった成分(プラセンタやハイドロキノンなど)も法律で一定の濃度までなら配合することが可能になってきています。

また、化粧品は、配合されているすべての成分を表記しなくてはならないと、法律で定められており何が使用されているのかをすべて知ることが可能です。

この点は医薬部外品と異なり、だれでも知識さえあれば自分の肌に合ったものが見つけやすいというメリットになります。

医薬部外品の特徴

医薬部外品は、薬用化粧品と表記されていることが多いものです。

化粧品と医薬品の間の位置づけで、「一部の現象に対して、人体に直接的な影響を与えるほどの効果は持つが主に予防に使われるもの」という何とも難しいポジションのものになります。

化粧品と異なり、厚生労働省が指定した「有効成分」を基準値以上含むことで、医薬部外品と認定されるため、化粧品よりは当然効果が強くなるのですが、その分副作用や刺激も強くなるため、使用する際には化粧品よりも十分に調べてから使わないとリスクが高くなります。

ただ、化粧品とは異なり、全成分が表記されているわけではないので、もしアレルギー反応などが出てしまった場合は、原因が自分で特定することが難しいなどのデメリットも発生してしまいます。

化粧品と医薬部外品どっちを選べばいいのか?

化粧品と医薬部外品のどちらを使用するべきなのかは、どのような悩みを抱えているかによって変わってきます。

1つだけ悩みがあって、それを改善したい場合は、その悩みに特化した有効成分が配合されている医薬部外品を使用するのが良いでしょう。

複数悩みがあって、例えば「清潔な見た目を手に入れたい」や「若い見た目をキープしたい」など、複数の要因が絡んでくる悩みを解決したい場合は化粧品を使用するのが良いでしょう。

医薬部外品は1つのものに対しては有効成分が高い効果を発揮してくれますが、その分1つに特化したものしか作ることができません。

化粧品は効果が抑えられている分、幅広い成分を配合することができるので、幅広い悩みに対応することが可能になります。

そのため、自分の肌の悩みや状態に合わせて、化粧品と医薬部外品を選択するのがベストでしょう。

まとめ

化粧品と医薬部外品の違いについて理解できたでしょうか?

この違いが分かっていないと、知らないうちに肌荒れなど副作用のリスクを高めてしまうことになります。

特に肌の状態や成分について理解ができていない場合は、安易に医薬部外品を使わないほうが良いでしょう。