オーガニックコスメのメリットとデメリット

最近スキンケア業界で最も人気のある化粧品のジャンルといえば「オーガニックコスメ」ですよね。

自然由来の成分がたくさん使われていると聞くと、肌に優しそうな印象を持ったり、何か羽田にいい効果を与えてくれそうな印象を持つ人が多いと思います。

しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在し、そこを考えずにただオーガニックコスメだからという理由だけでスキンケア用品を選んでいると、高いお金だけ払って、あなたの肌質や肌の悩みに合わないスキンケア用品を使い続けてしまっている可能性もあります。

そこで本日は、メンズコスメメーカーであるBALIOがオーガニックコスメのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

オーガニックの意味とは

そもそもオーガニックの意味を完全にわかっている人は少ないのでは無いでしょうか。

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに自然の力だけを使って作られた野菜や植物などのことを指します。

このオーガニックで栽培された野菜や植物を使って作られた化粧品をオーガニックコスメと言うのです。

「天然成分」や「自然派」と言われる化粧品との違いは栽培方法だけになります。

ただ、農薬や化学肥料を使っていないから、他の野菜や植物よりも安全性が高いということにはなりません。

アレルギーのリスクはどの野菜や植物にもありますし、化学成分がなくても肌への刺激があるものはたくさん存在しているので、オーガニックだからなんでも安全とはならないので注意が必要です。

日本のオーガニックコスメ事情

日本にあるオーガニックコスメには基準が存在しません。

極端な話をしてしまえば、メーカーがオーガニックコスメだと言ってしまえばオーガニックコスメとして販売することが可能です。

ヨーロッパやアメリカなどのオーガニック文化が発展している地域では、国がオーガニックの基準を明確に定めていたり、国際的なオーガニック認定機関が存在しており、厳しい審査を受けて通過した化粧品のみが認定機関のマークをパッケージに使用することを認められるようになります。

残念ながら日本にはこういったオーガニックコスメに対する制度の整備がされていないため、メーカーの言うことを信じて購入するか、自分がオーガニックに対する知識を一生懸命身につけて選ぶしか無いのが現状になってしまっています。

そのためオーガニックコスメと広告やホームページなどで紹介されていても、実際に使用されている成分を見てみると化学成分がたくさん使われているケースも多々あるので、オーガニックに強いこだわりがある人は、自分でオーガニックや化粧品に関する知識を身につけることが必須になってくると言えるでしょう。

オーガニックコスメのメリット

オーガニックコスメのメリットは環境に優しいものが多い点と、自然由来の成分だけで香りを作ることができるのでは肌への刺激が強い香料を使う必要がなくなる点でしょう。

オーガニックコスメの匂いは、植物の抽出液によって作られているものが多く、アロマオイルと同じようなものになります。

そのため、香りによるリラックス効果や使用されている植物の香りによる効果を得ることができます。

また天然成分は分子量が大きいため肌の内部まで深く侵入することができません。

つまり、化学成分を多く使用している化粧品と比べると安全性が高いと言うことができる場合もあります。

オーガニックコスメのデメリット

オーガニックコスメのデメリットは良い化学成分に比べると効果が劣ることと、植物の中にどんなん成分が含まれているのかがわからないことになります。

メリットでも紹介しましたが、自然成分は分子量が大きいため、肌内部に浸透することができず肌の表面までしか作用することができません。

そのため、肌の悩みをスキンケア用品でサポートして早く解決していくのはかなり難しくなります。

また、オーガニックコスメによって肌に異常が起こってしまった場合、原因が特定するのが非常に難しくなります。

天然成分は世の中に存在する成分を複数組み合わせてできているものになります。

つまり、どの成分によって肌が荒れてしまったのか特定するのがパッチテストなどを行わないと難しく、多くの成分が含まれているのでそのリスクも高くなっています。

化学成分は天然成分の中から1つの成分を取り出して安定させたものになるので、安全性が高い化学と比べるとオーガニックで作られている成分の方がリスクの高い成分になってしまうのです。

まとめ

オーガニック成分の特徴については理解していただけましたか?

なんとなくいいイメージがあるからといった理由だけでスキンケア用品を選んでしまうと、自分の肌にあったスキンケア用品と出会える確率は大きく下がってしまいます。

正しい知識を身につけて、自分の肌質と悩みに合わせたスキンケア用品を選べるようになりましょう。