肌のかゆみが起こる原因と改善方法

肌がかゆくなって、我慢できずにかいてしまいはだがボロボロになってしまうことはありませんか?

季節の変わり目にかゆみが強くなってしまったり、ある特定のタイミングでかゆみが強くなったりと人それぞれかゆみが発生するタイミングは異なります。

この辛い肌のかゆみを改善するには、原因を特定し、その原因に適したケアをしなければ症状が自然に治ることはあまりありません。

本記事では、メンズコスメメーカーであるバーリオが、肌のかゆみが発生する原因とその改善方法について詳しく解説していきます。

肌のかゆみに悩まされている方はぜひ、本記事を参考にして肌のかゆみを改善していきましょう。

肌のかゆみが起こる原因

肌にかゆみが発生する原因は、何かしらの刺激を肌が受けた時に、肌の免疫機能が働いて炎症を起こしてしまうことにあります。

肌が受ける刺激は人によって異なりますが、大きく分類すると

  • アレルギー反応
  • 環境によるもの
  • 精神的なもの

この3つになります。

これに加えて、肌が乾燥していて、外部からの刺激から身を守るためのバリア機能が低下していると、刺激から身を守るものがなくなってしまい、より強いかゆみが発生してしまいます。

では、これらのかゆみを発生させてしまう原因について1つずつ詳しく見ていきましょう。

アレルギー反応によるかゆみ

肌にかゆみを与えてしまうアレルギー物質は数多く存在しています。

個人の体質によってアレルギー反応が起こる物質は変わりますが、かゆみが発生するのは、アレルギーの原因物質が肌に触れることがきっかけになります。

金属などの身につけた部分がわかりやすく荒れるアレルギー物質であれば、それらに触れなければかゆみは解消されます。

しかし、花粉やハウスダストなど目に見えない物質によるアレルギーが原因の場合は触れないという対処は物理的に不可能です。

生活環境を変えることでアレルギー物質に触れないようにするか、アレルギー反応を抑える薬を服用し、かゆみを抑える対策を取ること以外の対策は難しいでしょう。

かゆみが我慢できずにかいてしまい、肌を傷つけてしまうと、肌が荒れてしまいよけいにかゆみがひどくなってしまい症状が悪化してしまうので注意しましょう。

環境によって発生するかゆみ

冬場の空気の乾燥や、夏場の紫外線、気温など外部環境が原因となってかゆみが発生するケースがあります。

外部環境によって発生するかゆみのなかでも1番多いのが、冬場の乾燥した空気により、肌が乾燥してしまい、かゆみが発生するケースです。

肌が乾燥してしまうと、肌を外部からの刺激から守るバリア機能が低下してしまい、少しの刺激でも過剰に免疫反応を起こしてしまい、強いかゆみが発生するようになってしまいます。

冬場になると粉を吹いてしまうほど肌が乾燥する人や、肌が弱くなってしまい赤くなる男性は、乾燥肌が原因でかゆみが発生しているのです。

また、紫外線も冬の空気と同じで肌のバリア機能を破壊してしまうので、同じようなメカニズムでかゆみが発生してしまうのです。

ただし、紫外線によるかゆみは紫外線アレルギーを発症しているケースもあります。

どちらの原因であっても、日焼け止めを活用して紫外線が肌に触れないように対策する事が可能なので、日差しが強い日にかゆみが発生しやすい人は、日焼け止めを必ず使用するようにしましょう。

精神的な原因によって発生するかゆみ

精神的なストレスや疲労によっても肌のかゆみが発生します。

ストレスや疲れといった精神的な原因により、かゆみが発生する場合は蕁麻疹や湿疹として肌に表れるケースが多くなります。

体調が優れない時や、疲れが溜まってる際に肌にかゆみが発生する場合は、精神的な原因によりかゆみが発生している可能性が高いと言えます。

肌のかゆみを改善する方法

肌のかゆみを改善するために必要なのは、肌のバリア機能を正常な状態へと戻すことが先決です。

バリア機能が正常に働かなくなってしまう原因は、肌の水分が不足することにより、水分と油分が何層にも重なり合ってできているバリア機能の構造が崩れてしまうことです。

つまり、肌が通常通りの水分を保持できる状態を取り戻してあげることが、必要になります。

まずは、健康的な生活習慣を送り、肌が自ら正常な状態へと戻れる環境を整えることから取り組んでいきましょう。

不健康な生活習慣を送っていると、肌は本来の機能を発揮することができず、どんどん弱くなっていきます。

この状態では、どんなにスキンケアを頑張っても充分な効果を得ることはできません。

次にスキンケアによる保湿ケアは、悪化したバリア機能をサポートするとともに、肌に水分を与え、より早く正常な状態へと肌を整えるのに必要です。

一度弱ってしまった肌は、自然治癒力だけで改善しようとしてもある程度長い期間が必要になってしまいます。

またバリア機能を失っている肌に外部からの刺激が加わってしまう度に、かゆみが発生我慢できずにかいて肌を傷つけてしまうことになります。

辛いかゆみを抑えるためにも、保湿ケアにはしっかり取り組むようにしましょう。

まとめ

肌のかゆみが起こる原因と、改善方法はご理解いただけたでしょうか?

我慢できないけど、かいてしまうとまたかゆみが発生してしまうという悪循環に陥りがちですが、しっかりと対策をして、辛いかゆみから抜け出せるようにしましょう。