男性の肌質の特徴であるインナードライ肌について

インナードライ肌という言葉を聞いたことはありますか?

スキンケアに今まで取り組んだことがない男性にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

しかし、ほとんどの男性は生まれながらにして、このインナードライ肌という肌質をしています。

バーリオでは、この男性に多いインナードライ肌をケアし、男性が綺麗な肌をキープし続けることを考えて成分のバランスを考えました。

このインナードライ肌を研究することによってわかった男性の肌の特徴について、本記事では解説していきます。

これからスキンケアを始めようと考えている男性、なんとなくでスキンケアに取り組んでいる男性はぜひ、本記事を参考にして、今後スキンケアに取り組んでいってください。

インナードライ肌の特長とは

インナードライ肌とは読んで字のごとく、内部が乾燥しているという肌質ということになります。

男性の肌は皮脂が多く、ベタついてしまったり、テカりが目立ってしまうという点にばかり注目してしまいがちですが、実は皮脂で覆われている肌の内部が乾燥してしまっている男性は非常に多くいます。

これは男性が生まれ持った肌の特長による部分が大きか影響しており、肌の水分量と水分を保持する能力が女性の肌と比べると半分程度しかないこと、皮脂を生成する皮脂腺が女性と比べて大きく、1日の皮脂分泌量は女性の2〜3倍にもなります。

通常の乾燥肌であれば皮脂の分泌量も減少しているため、肌が乾燥してしまっていることが簡単にわかるのですが、皮脂で覆われてしまっているため、乾燥しているのがわかりにくい性質を持っています。

この乾燥肌と脂性肌、2つの特徴を持つインナードライ肌には様々なデメリットが存在するため、スキンケアで肌を整えておかないと、後々見た目に大きな影響を与えてしまうのです。

インナードライ肌によるデメリット

インナードライ肌の最大のデメリットは、乾燥肌と脂性肌、両方の肌トラブルが起こってしまうことにあります。

乾燥肌の性質を持った肌は、

  • シワやたるみといった老化
  • 角栓による毛穴の詰まり
  • 肌が弱くなり敏感肌になる

などの肌トラブルが発生してしまいます。

肌の乾燥と見た目の老化は密接な関係にあるため、綺麗な肌をキープするうえで、必ず避けなければいけないトラブルになります。

次に脂性肌の性質を持った肌は

  • 皮脂の酸化によるくすみや臭い
  • ニキビや吹き出物
  • 毛穴の開きにより肌が汚くなる

などの肌トラブルが発生してしまいます。

皮脂が過剰に分泌されることによって、肌の見た目が汚くなってしまうトラブルや、臭いが発生するなど、男性がコンプレックスに感じていることが多いのが特徴です。

インナードライ肌では、これら全ての肌トラブルが常に起こってしまいやすい状態になるため、スキンケアにより、肌のを整えていないと、年齢を重ねるにつれて肌の衰えが目立つようになっていくのです。

まとめ

男性に多いインナードライ肌は、男性に起こる肌トラブルの根本的な原因の1つだということができます。

デリケートな肌質なうえに、生活習慣やストレスが加わってしまうと、男性の肌はすぐに肌トラブルに悩まされるようになってしまいます。

綺麗な肌をキープするためには、男性特有の肌質をきちんと理解し、適切なスキンケアに取り組めるようにしていきましょう。