メンズコスメメーカーが教える!男性のニキビを改善する方法

思春期になると、急に肌が荒れはじめ、ニキビができてしまった経験はありませんか?

男性の肌は思春期にになると、皮脂の分泌量が急激に増え、その分泌量は50歳頃までほとんど衰えることはありません。

つまり、男性の肌は40年近くニキビができてしまいやすい肌環境が続いてしまうことになるのです。

そこで、本記事では男性の肌にニキビができてしまいやすい理由とその改善法について、メンズコスメメーカーであるバーリオが詳しく解説していきます。

長年ニキビに悩まされ続けている男性も本記事を読んで、ニキビができる原因を排除し、綺麗な肌を手に入れましょう。

ニキビができてしまうメカニズム

ニキビができてしまう原因を簡単に説明すると、毛穴が詰まってしまい、毛穴の中に大量に溜まってしまった皮脂をエサとしてアクネ菌が繁殖して肌が炎症を起こしてしまうためです。

つまり

  • 毛穴の詰まり
  • 皮脂の過剰分泌
  • アクネ菌の繁殖

この3つの条件を全て満たした時にニキビができてしまうのです。

これら3つの原因がどのようにして起こってしまうのか1つずつ見ていきましょう。

毛穴の詰まりが発生する原因

毛穴の詰まりが発生してしまう原因は角栓という物資ができてしまうことにあります。

角栓とは、毛穴パックや指で鼻を強くつまんだ時に出てくるニュルニュルとした物体のことです。

皮脂によってできていると思っている人が多いのですが、実際は古い角質(皮膚の表面)が皮脂と混ざってできているもので、7割近くは古い角質で形成されています。

古い角質は肌が乾燥していることによって多く発生します。

乾燥肌の症状がある時に白く粉のようなものが大量に発生することがあると思います。

あれが剥がれ落ちた古い角質です。

男性の肌は乾燥しやすく皮脂が多い特徴があるため、角栓ができてしまう材料が常に肌に存在しているのです。

適量の角栓であれば、毛穴に雑菌などの異物が侵入するのを防いでくれるのですが、大きくなってしまった角栓は毛穴に蓋をしてしまい、毛穴の奥で作られた皮脂が外に排出されにくい状態を作ってしまうのです。

皮脂の過剰分泌が起こってしまう原因

皮脂の分泌が過剰になってしまう原因には、ホルモンバランスの乱れと、肌の乾燥が挙げられます。

ストレスや睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れてしまうと、体内では交感神経が優位に働き、男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

男性の特徴を表す男性ホルモンには、皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を活性化させる働きがあります。

そのため、不健康な生活が続いてしまうと、皮脂の分泌量がどんどん増えてしまうようになるのです。

次に肌の乾燥も皮脂の過剰な分泌を促進してしまいます。

もともと皮脂は外からの異物が肌に侵入するのを防ぐ役割と、肌内部の水分などが外に出ていってしまわないように守る役割の2つがあります。

水分が少なくなってしまっている乾燥肌の状態だと、これ以上肌内部から水分が失われるのを防ごうとして、皮脂を多く分泌するようになります。

この状態になってしまうと、皮脂だけでなく古い角質も大量に発生してしまうので角栓もできやすい状態になってしまうので、一気にニキビができやすい肌環境が出来上がってしまいます。

アクネ菌の繁殖が起こってしまう原因

ニキビに悩まされたことがある人であれば、ニキビの原因がアクネ菌によるものだということはご存知の方が多いと思います。

アクネ菌は常在菌と呼ばれる菌の一種で、誰の肌にでも存在する菌になります。

このアクネ菌には、皮脂が多く密閉された空間を好むことから、角栓で密閉され、皮脂がたまっている毛穴の中は繁殖するのに絶好の場所になり、異常に繁殖してしまうのです。

大量に発生してしまったアクネ菌は、毛穴を刺激して肌に炎症を起こしてしまいます。

この肌の炎症によってできてしまうのがニキビなのです。

アクネ菌による攻撃は毛穴から肌の奥へと進んでいき、真皮層まで到達してしまうと、肌がうまく再生できなくなってしまい、大きなニキビ跡になってしまうのです。

ニキビを改善するためには

ニキビを改善するためには、先程説明した3つの原因が起こらないよう、

  • 肌を清潔に保つこと
  • 健康的な生活習慣を送ること
  • 繁殖したアクネ菌への対策をすること

これらのことに取り組むことが必要です。

まず、肌を清潔に保つことによって、アクネ菌が繁殖しにくい環境を作ることができます。

過剰に分泌された皮脂を毎日洗い落とすこと、余分な角栓を取り除くことができます。

しかし、ただ洗い落とすだけでは、肌が乾燥するのに加えて、皮脂の分泌量も増えてしまうため、より角栓ができやすい状態になってしまいます。

洗顔をした後は、しっかりと保湿ケアに取り組むことも欠かさないようにしましょう。

次に健康的な生活習慣を送ることは皮脂の分泌量を正常な状態へと戻すことへ繋がります。

健康的な生活習慣を送ることで、肌は本来の免疫力を取り戻すことができるので、アクネ菌へ抵抗することもできます。

最後にアクネ菌への対策として、殺菌効果のあるスキンケアアイテムを使うことも必要です。

一度繁殖してしまったアクネ菌を減らすためには、殺菌効果のあるものを使わなければ、ニキビが改善されるまでにかなり時間がかかってしまいます。

肌の環境が改善できるまでには長い時間がかかってしまうのに加えて、改善されるまでの期間もアクネ菌から肌は攻撃を受け続けているので、なかなか改善されないのです。

また改善されるまでに時間がかかってしまうほど、アクネ菌は奥へと攻撃を進めてしまうため、ニキビ跡ができてしまう可能性も高まってしまいます。

長期間ニキビが続いてしまうのを避けるためにも、殺菌効果のある成分を使い、アクネ菌を減らす対策は必要になるでしょう。

まとめ

ニキビができてしまう原因とその改善方法は理解していただけたでしょうか?

長期化してしまうほどニキビ跡など一生残ってしまうリスクが高いため、できる限り早いタイミングでケアに取り組むようにしましょう。

ニキビ跡に関するケアの方法を調べたいかたは、こちらのニキビ跡のケアに関する記事も一緒にご覧ください。