メンズコスメメーカーが教える!肌が汚くなってしまう原因と改善法

若い頃はキメが整っていて、透明感のある綺麗な肌だったのに20代から急に肌が汚くなってきたと感じている方は多いのではないでしょうか?

実は、普段の何気ない生活の中に肌を汚くしてしまう習慣があります。

汚くなってしまった肌は、見た目年齢を大きく変えてしまう原因になります。

実年齢よりも年上に見られてしまうことが増えたと感じている男性は、ぜひ本記事を参考に、肌が汚くなってしまう習慣を改善していきましょう。

男性の肌は汚くなってしまいやすい

男性の肌には、乾燥しやすく、皮脂が多いという肌トラブルが起こりやすい特徴に加えて、毛穴が大きいことや、もともとキメが粗いことなどがあり、肌がデコボコに見えやすかったり、影になっている部分ができて顔が暗く見えてしまうなど、女性と比べて肌が汚くなってしまいやすい肌質をしています。

乾燥は肌のカサつき、肌荒れなどの見た目を変えてしまうほどの肌トラブルを起こしてしまいますし、皮脂はニキビやベタつき、テカリといった肌が不潔に見えてしまうトラブルを起こす原因になります。

これらの肌トラブルが起こってしまうことによって肌が汚くなってしまうのはイメージしやすいと思います。

肌トラブルによって受けたダメージが軽いものであれば、その後のケアによって元の状態に戻るのですが、ダメージが肌の内部まで到達してしまうと、肌内部が変形してしまうため、肌の表面が、デコボコになって汚くなってしまいます。

つまり、男性が綺麗な肌を保つためには、女性よりも肌トラブルに気をつけなければいけないのです。

肌を汚くしてしまう習慣とは

では、実際に肌トラブルを引き起こして、肌が汚くなってしまう原因について紹介していきましょう。

男性も女性も肌が汚くなってしまう原因は同じで

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 紫外線
  • 間違ったスキンケア

この4つによって引き起こされています。

これらの肌を汚くしてしまう原因について1つずつ詳しく見ていきましょう。

食生活の乱れで肌が汚くなってしまう理由

新しい肌は、食事によって摂取される栄養から作られています。

そのため、肌を作るために必要な栄養素が摂取できていないと不健康な肌が作られてしまい、ハリやツヤがなかったり、水分が充分になく最初から乾燥している肌が作られてしまい肌が汚くなってしまいます。

健康的な肌を作るために必要な栄養素には

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • 亜鉛

これらのものがあります。

タンパク質は肌や内臓、髪の毛などを作るために欠かすことができない栄養素です。

普段の食事でタンパク質が充分に摂取できていないと、肌はコラーゲンなどを肌にハリやツヤを与えてくれる物質を生成することができなくなってしまい、ボロボロでシワやたるみができてしまいやすい肌が作られてしまいます。

次にビタミン類は、肌の健康状態を維持するために欠かすことができない栄養素になります。

数多く種類が存在するビタミン類ですが、1種類が不足してしまうだけでも肌荒れが発生してしまっり、乾燥肌が治らなくなってしまったり、赤い湿疹が広がってしまったりと、一気に肌を汚くしてしまいます。

また、男性の場合はビタミンB群が不足してしまうと皮脂がより過剰に分泌されるようになってしまうため、ビタミン不足をきっかけに、ニキビや吹き出物など様々な肌トラブルに発展してしまいます。

ビタミン類は体内で生成することができない栄養素であるため、必ず食事で体内に取り入れる必要があります。

現代の食生活では、意識的にビタミン類を摂取しないとすぐに不足してしまう栄養素なので、肌の調子が悪いと感じた時はまず食生活を見直すことから始めましょう。

最後に亜鉛は、肌だけでなく男性の悩みである薄毛にも高い効果を発揮する栄養素になります。

身体が新しく肌を作るために細胞分裂をするときに必要だったり、老化の原因となる活性酸素を除去するための酵素を働かせるためのエネルギーになっていたりと健康で若い肌を作るために欠かすことができません。

これらの紹介した肌の健康に必要な栄養素は、食の欧米化により、慢性的に不足してしまっているものになるので、1人暮らしで自炊ができていない人や、外食が多くなっている人は特に肌が汚くなってしまう可能性が高くなります。

肌を改善するためには、まず食生活を見直すことから始めましょう。

睡眠不足で肌が汚くなってしまう理由

人間の体は、毎日睡眠時に分泌されら成長ホルモンを使って修復されています。

体の中でも内臓など、生命の維持に欠かすことができない場所から修復されていくので、肌や髪、爪などの修復は1番最後に回されてしまいます。

そのため、充分な睡眠時間が確保できていないと、健康的な肌を作ることができず、ボロボロの汚い肌が作られてしまいます。

また睡眠不足が続いてしまうと、常に体にストレスがかかった状態になり、交感神経が優位に働いてしまい、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまいます。

男性ホルモンには皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌量を増やしてしまう働きがあるため、ニキビや吹き出物などの炎症が発生するリスクが高くなります。

肌が汚くなったと感じたタイミングと、睡眠不足になってしまった時期が重なっている場合は、まずは充分な睡眠時間を確保するところから始めましょう。

紫外線によって肌が汚くなってしまう理由

紫外線には、肌だけでなく人間の細胞を破壊してしまう働きがあります。

紫外線によって細胞を傷つけられると、細胞が変異を起こしてしまい皮膚ガンを発生させてしまうことをイメージしてもらうと、紫外線がどれほど肌にとって危険なものなのか理解していただけるのではないでしょうか。

紫外線による細胞の破壊は、肌の弾力を作っているコラーゲンやエラスチンなどを破壊してしまい、肌の内部をガタガタにしてしまいます。

このガタつきは、肌表面に深いシワやたるみとして現れます。

また、日焼けを起こしてしまった時には、肌表面のバリア機能を破壊してしまうため、肌を外部からの刺激や雑菌の侵入から守るものがなくなってしまいます。

そのため、日焼けをしたあとの肌は、肌荒れが非常に起こりやすく、秋頃になって肌が荒れやすくなってしまうのです。

一時的な肌荒れから、肌の老化まで進めてしまう紫外線への最も効果的な対策は予防になります。

紫外線によって一度破壊されてしまった細胞は、再生することはありません。

肌表面の日焼け程度のダメージであれば回復するのですが、肌の内部まで到達してしまったダメージは自力で治すことができないのです。

そのため、基本的な予防方法にはなりますが、日焼け止めを使ったり、帽子や服で紫外線が直接肌にあたらないようにするなどの対策が最も効果が高い紫外線対策になるのです。

間違ったスキンケアで肌が汚くなってしまう理由

本来、肌を綺麗にするためには取り組むスキンケアですが、間違った方法でスキンケアに取り組んでしまうと、肌はボロボロになってしまいます。

男性が行なっているスキンケアの中でも、特に間違って取り組んでいる人が多いのが洗顔です。

皮脂によるベタつきや汚れを落としたいために、洗浄力が強く、スクラブなどが配合されている洗顔料を使用して、顔をゴシゴシと洗う人が多いのですが、この方法で洗顔を続けてしまうと、余計に皮脂の分泌量が増えてしまったり、肌が傷ついてしまって、敏感肌やニキビなど様々な肌トラブルを起こしてしまいます。

スキンケアの際には過剰に皮脂を落としすぎないことや、肌に強い摩擦を与えないことが基本です。

皮脂を取り過ぎてしまうと、肌は皮脂が不足しているため、このままだと肌が乾燥してしまうと判断してより多くの皮脂を分泌してしまいます。

ニキビや皮脂によるテカりが治らないからといって、より強い洗顔料を使ってしまうと、永遠に皮脂量が増やしてしまう行動をループしていることになります。

また、化粧水をつける時に肌を叩いている人や、洗顔やタオルで顔に触れるとかにゴシゴシと摩擦を与えてしまっている人は、自らの力で肌に傷をつけて肌をボロボロにしていることになります。

肌をケアするためにやっていることが、全て逆効果になってしまわないように、スキンケアに取り組む時は、正しい知識を身につけてから行うようにしましょう。

スキンケアで汚くなった肌を改善するには

男性がスキンケアで綺麗な肌を手に入れるために最も重要なポイントは2つあります。

まず、1つ目はしっかりと保湿ケアに取り組むということです。

肌の乾燥は、結局全ての肌トラブルが起こる根本的な原因になっているからです。

肌の老化や、皮脂だけが原因だと思ってしまいがちなニキビなども、肌が乾燥しているから発生してしまうのです。

つまり、保湿ケアに取り組み、乾燥肌を改善することによって、ほとんどの肌トラブルを改善、予防することが可能になるのです。

男性の肌はもともと水分が少なく、水分をキープする能力も低いことが原因で肌トラブルが起こってしまいやすくなっています。

保湿成分を多く含むメンズコスメや、長時間保湿効果を持続できる成分が使われているメンズコスメを使いましょう。

綺麗な肌を手に入れるのに2つ目に重要なのは、肌を常に清潔な状態に保つことです。

男性の肌には毎日多くの皮脂が分泌されているため、雑菌が繁殖してニキビや肌荒れが起こりやすい環境になっています。

また、皮脂は酸素と結びついてしまうことで、過酸化脂質という、肌に刺激を与え続ける物質に変わってしまい、肌に炎症を起こしてしまいます。

さらに男性の皮脂分泌量は、10代後半から50代まで減少しません。

つまり、何歳になっても1日で分泌された余分な皮脂を落とし、清潔な状態に保たなければ、すぐに肌トラブルを起こしてしまい、肌が汚くなってしまうのです。

余分な皮脂を落として、肌を清潔に保つために重要なのが、洗顔と保湿です。

余分な皮脂を落とすのに洗顔が必要なのは、皆さん当たり前のようにご存知だとおもいます。

しかし、洗顔で皮脂を落とすだけでは、皮脂分泌量はより増えてしまいます。

そのため、皮脂を取っても乾燥していない状態を作るために保湿ケアが重要になるのです。

また肌を清潔に保つためには、皮脂だけでなく、雑菌にも気をつけなければいけません。

洗顔など、顔に触れる際は手の雑菌が顔に移ってしまう絶好の機会になってしまいます。

顔に触れる際には、必ず手を清潔にしてからにしましょう。

まとめ

肌が汚くなってしまう原因と、スキンケアによる改善方法はご理解いただけたでしょうか。

一度不健康な状態になってしまった肌を改善するには、ある程度の期間、継続してケアをする必要があります。

根気強く、スキンケアに取り組むようにしてください。