なかなか治らない!?くすみやシミの原因と改善法とは

老化による見た目の変化の1つに、肌のくすみがあります。

透明感を失ってしまった肌は、清潔感がないように見えてしまったり、不健康に見えてしまったりと、男性の見た目に大きな影響を与えてしまいます。

スキンケアや肌へのダメージの予防に取り組む習慣があまりない男性は、女性と比べるとくすみやシミができやすくなってしまいます。

本記事では、肌がくすんでしまう原因と、その改善法について解説していきます。

くすみやシミができる理由

くすみやシミができてしまう原因には大きく分けて3つの原因があります。

  • 古い角質がたまって分厚くなっている
  • 紫外線によってメラニン色素が大量に発生した
  • 血行不良

これらの原因によってできたくすみやシミは、それぞれの原因に合わせて対応しなければ、くすみやシミは改善されません。

古い角質が原因のくすみやシミ

古い角質が肌に残るようになっていくのは、乾燥や年齢、ストレスなどによってターンオーバー(古い肌が剥がれて新しい肌が表面に出てくること)のリズムが崩れてしまうことが原因です。

古い角質が肌表面に残ってしまうと汚く濁ってしまった角質が重なってしまうのでくすみやシミができてしまうのです。

特に年齢によるターンオーバーのサイクルは誰にでも等しく訪れ、一般的に20代が28日周期で行われるのに対して、40〜50代の頃には倍以上の期間がかかるようになります。

つまり何もしていなかったとしても倍以上の古い角質が肌に残ってしまうため、どんどん肌がくすんでいってしまうのです。

古い角質を取り除く方法とは

男性で知っている人は少ないかもしれませんが、不要な古い角質を溶かす方法にはピーリングというものがあります。

これはフルーツなどの酸を使用して古い角質を溶かし、ターンオーバーを無理やり早める方法です。

乱れてしまったターンオーバーのサイクルを正常に戻すのは時間がかかる上に、加齢が原因であればターンオーバーが元のサイクルに戻ることは基本的に不可能なため、このピーリングでしか古い角質を落とすことができないのです。

古い角質は、くすみだけでなく、毛穴の詰まりやニキビなどの原因にもなるため、そのままにしておくと様々な肌トラブルが起こってしまい、どんどん肌が汚くなってしまいます。

肌がくすんでいて、触った時にデコボコしていたり、ごわついている場合は、一度ピーリングを試してみた方が良いでしょう。

しかし、強制的に古い角質を落とす方法であるため、やりすぎてしまうと、新しい肌まで溶かしてしまい、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまうことになるので、必ず使用方法を守ってください。

紫外線によってくすみやシミができる原因

肌は紫外線から身を守るために、メラニン色素を発生させ、細胞が破壊されるのを防ぐ能力を持っています。

このメラニン色素が発生して黒くなった肌が、いわゆる日焼けをした肌になります。

このメラニン色素がターンオーバーによって新しい肌に生まれ変わっていくことで肌は白く戻っていくのですが、ターンオーバーをすることができない肌の奥(真皮層)にまでメラニン色素が発生してしまうと、一生メラニン色素が肌に残ってしまい、くすみやシミになってしまうのです。

紫外線によるシミやくすみを改善する方法

まず始めに、紫外線によってできてしまったくすみやシワはセルフケアで改善する方法はありません。

美容外科で行われるレーザー治療でしか真皮層まで到達してしまったものは治りません。

自分でできるスキンケアなどの方法では、肌表面の角質層までしか対応することができません。

セルフケアでは、くすみやシミができてしまわないように、日焼け止めを使用したり、日焼けした直後にビタミンCなどのメラニン色素を分解してくれる成分を含む食べ物を多く摂取するなど、日焼けする直前と直後のケアが有効です。

血行不良によってくすみやシミができる理由

血行不良によるくすみやシミと聞くとイメージがしにくいかもしれませんが、多くの男性が悩まされているクマも血行不良によるくすみやシミになります。

血行不良が起こってしまうと、顔全体の血色が悪くなってしまうため、全体的にくすんでいるように見えてしまうのです。

目の周りなど皮膚が薄いところでは、このくすみが濃くなってしまい、シミのようにクマができてしまうのです。

血行不良が起こってしまう原因は、ストレスや睡眠不足、喫煙、ダイエット、カフェインの過剰摂取など様々なものがありますが、基本的に、不健康な生活習慣を送っていると、血行はどんどん悪化していくため、まずは健康的な生活習慣を送ることが重要です。

血行不良によるくすみやシミを改善するには

血行不良によるくすみやシミを改善するには、まず健康的な生活習慣を送ることが必要です。

しかし、仕事やプライベートでの用事が原因となり、なかなか思い通りに健康的な生活を送るのは難しいのが現実です。

そこで、オススメなのが軽い運動と、お風呂に浸かることです。

運動によって血行が良くなることはイメージしやすいのではないでしょうか?

現代人はデスクワークが多いため、同じ姿勢のまま長時間座っていることが多いため、特に血行が悪くなりやすい生活習慣を送っています。

軽いウォーキングがストレッチだけでも、こり固まった身体をほぐせて血流の改善に効果があります。

ジョギングなど、いきなり運動不足の体にはキツいことをしなくても充分、血行不良は改善できるので、まずは軽い運動をする習慣を身につけましょう。

次にお風呂に浸かる浸かることは、身体を温めて血流を改善することができます。

血管は冷えてしまうと収縮し、温まると広がる特徴があるため、身体を温めることで簡単に血流を改善することができます。

1人暮らしをしている人は特に、お風呂に浸からず、シャワーだけで済ませてしまうことが多いので、毎日ではなくてもお風呂に浸かってゆっくりする時間を確保するようにしましょう。

まとめ

一度できてしまったくすみやシミは、すぐに改善することはできません。

生活習慣を改善しながら、時間をかけてしっかりとケアをしていく必要があります。

まだ気になる症状が出ていない時からしっかりと予防ケアに取り組むことが一番効果的で、後が楽なので、普段からしっかりとスキンケアに取り組んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です