男性の肌の特徴について

バーリオは男性の肌の特徴を徹底的に研究し、男性の肌に不足しているものを補うことで最高の状態に導くことだけを考えて試作と改良を積み重ねてきました。

男性の肌は、非常にデリケートであり、肌トラブルが起こりやすい特徴をもっています。

しかし、今でもスキンケアに取り組んでいる男性は、若い見た目をキープしたい人や、ビジネススキルとして清潔感のある見た目が武器になることを知っている人、10~20代の若い人たちだけです。

そこで、バーリオが男性の肌の肌を研究し、なぜ男性の肌にこそスキンケアが必要だという答えにたどり着いたのかをご紹介いたします。

全ての男性の肌はインナードライ肌という性質を持っている

男性の肌は、乾燥肌と脂性肌の両方の特徴をもつ、インナードライ肌という性質があります。

つまり、肌の水分が少なく、皮脂が多いということです。

肌が乾燥していると、

  • 毛穴のつまり
  • しわの増加
  • 肌荒れ
  • かゆみ
  • 肌を雑菌などの刺激から守る機能の消失
  • くすみ
  • 肌の弾力がなくなる

など多くの肌トラブルや、老化の原因になってしまいます。

また、皮脂が多いと、

  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • 肌荒れ
  • ベタつき
  • テカリ

などの見た目に影響を与えるモノを中心に多くの肌トラブルの原因になります。

インナードライ肌とは、これら全てのトラブルが起こってしまう状態の肌ということになるのです。

男性の肌がどれほど乾燥しやすいのか

男性の肌が乾燥してしまいやすい原因は2つあります。

まずは、そもそも肌内部に存在する水分の量が少ないということです。

一般的な女性と男性の肌で比較すると、男性は女性の約半分ほどの水分しか肌に保持していないのです。

2つ目の原因としては、男性の肌には水分を補充しても維持する力が低い特徴があることです。

こちらも女性と比べて、約半分ほどの能力しかないといわれています。

普通に保湿ケアに取り組むだけでは、肌に充分な水分を補充できず、さらに効果の持続力がないとすぐに与えた水分が蒸発してしまい、意味がなくなってしまうのです。

つまり、男性の肌にこそ上質な保湿ケアが欠かすことができないということになるのです。

男性の肌はどれくらい皮脂が多いのか

皮脂が多いことは自覚症状がある方も多いのではないでしょうか。

1日で男性の肌から分泌される皮脂量は、女性の約3倍にも上るといわれています。

これは生まれながら男性は皮脂を作り出す皮脂腺が生まれつき大きく発達しているからです。

皮脂の出口である毛穴もそれに伴って大きくなるので、肌が汚く見えてしまいやすいのです。

さらに皮脂は雑菌が繁殖してしまうためのエサになってしまうため、ニキビなどの炎症が頻繁に繰り返すようになってしまいます。

ただ、皮脂を洗顔で落とすだけのケアをしてしまうと、皮脂が不足していると肌が勘違いしてしまい、より多くの皮脂を分泌するようになってしまうので、皮脂を落とした後に保湿ケアをしながら、雑菌の増殖を防ぐ抗菌作用のある成分などで、皮脂が原因で起こるトラブルを予防することが重要なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です