日焼けによって肌の老化が進んでしまう理由について

年齢を重ねるにつれて誰でも見た目の老化が進んでいきますが、老化が進むスピードは、人によって大きくスピードが異なります。

中でも、日焼けによる老化スピードの加速は、他の老化現象と比べて圧倒的だといわれています。

さらに男性の場合は、日焼け止めを使用している人が少ないため、男性が老化してしまう原因の8割がこの日焼けによるものだといわれています。

知らないうちに老化が加速してしまわないよう、日焼けが与える肌への影響について、正しい知識を身につけていきましょう。

日焼けによってなぜ老化してしまうのか

日焼けによる老化について

日焼けによって老化が進んでしまう原因は、日光に含まれている紫外線によるものです。

日焼けをしやすい顔や手と、日光が当たることが少ないお腹やお尻を比べると肌のきめ細かさがまったく違うことがわかると思います。

紫外線によるダメージの蓄積は同じ人の肌をまったく違う肌質に変えてしまうほど肌を破壊してしまうのです。

紫外線は肌を破壊する

紫外線による肌のダメージは2種類のものがあります。

1つ目は肌表面が紫外線によって火傷状態になってしまうことです。

いわゆる赤くなる日焼けのことです。

これは紫外線によって肌表面が破壊されてしまい、炎症が起こってしまっているのです。

色白の人は特にこの赤くなる日焼けになりやすいので注意が必要です。

また肌表面が破壊されてしまうことで表面がガタガタになってしまい、細かいシワが大量にできてしまいます。

2つ目は肌の奥まで破壊してしまい、肌内部をボロボロにしてしまうことです。

こちらは肌が黒くなってしまう日焼けです。

紫外線は透過力が非常に高いため、肌の奥深くまで簡単に到達してしまいます。

人間にはこれを防ぐためにメラニン色素が備わっており、メラニン色素が紫外線を防ぐために大量に発生して、肌が黒くなっていくのです。

しかし、紫外線の量が多く防ぎきれなくなってしまうと、肌の奥(真皮層)でメラニン色素が発生してしまい、シミとなってしまいます。

さらに真皮層を構成しているコラーゲンやエラスチンまで破壊されてしまうので深いシワができてしまいます。

これら2つの紫外線の効果により、肌の老化はどんどん加速していくのです。

日焼けしやすい人としにくい人の違い

日焼けをしやすい人としにくい人

日焼けをしやすい人としにくい人の違いは、生まれ持ったメラニン色素を作るメラノサイトの量によって変わります。

メラノサイトを多くもっている人は肌を紫外線から守る力が強いが、日焼けによって肌がすぐ黒くなってしまいます。

つまり日焼けをしやすいが、紫外線による老化には強い肌ということになります。

反対にメラノサイトが少ない肌質の人は、肌が白く日焼けによって黒くなりにくいが紫外線から肌を守る力が弱くなってしまいます。

つまり、日焼けをしてもすぐに肌が白く戻るが、老化には非常に弱い肌ということになります。

白い肌の人は、若いうちから紫外線対策をしていないと、他の人よりも老化するスピードが早くなってしまうので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です