男性の皮脂分泌量が多い理由

男性の肌には皮脂の分泌量が多い特徴があります。

しかし、全ての男性が皮脂の分泌量が多いわけではなく、様々な条件が重なることによって皮脂の分泌量が決まっています。

そこで今回は、男性の皮脂分泌量が多くなってしまう原因と、個人差が生まれる原因について詳しく解説していきます。

皮脂の分泌量は遺伝によって変わる

男性に限ったことではないのですが、皮脂の分泌量は遺伝によって大きく変わるといわれています。

これは、皮脂を分泌する皮脂腺の大きさが、遺伝によって決まっていることが原因になります。

皮脂腺の大きさは、より皮脂の分泌量が多い親からの遺伝が強く、生まれながらにして皮脂腺の大きさが決まってしまうため、自分ではそうすることもできません。

また、親がニキビなど、皮脂が原因となって起こる肌トラブルになったことがあると、子供も同じ肌トラブルに悩まされるのはこのような遺伝があるためです。

皮脂の分泌量は男性ホルモンの影響を受ける

男性ホルモンは、皮脂を分泌する皮脂腺に大きな影響を与えます。

そのため、男性ホルモンが多い男性の皮脂分泌量が増えてしまうのは、避けることができないのです。

さらに、男性ホルモンの分泌量は、普段の生活習慣により大きく変化します。

現代人の生活の中で、最も影響が大きいのがストレスです。

男性ホルモンは、ストレスがかかったときなど、体が興奮状態になっているときに多く分泌される特徴があります。

そのため睡眠不足が続いてしまっている時期や、仕事や私生活がうまくいってないときなどは皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

食生活と皮脂分泌量の関係

皮脂の原料となるのは、食事で摂取される脂質になります。

現代の食生活は欧米化が進んでいることがあり、脂質の摂取量が自然と増えてしまっているため、ファーストフードなど油っこい食生活を好む人は皮脂を作るための原料が多くなってしまうため、皮脂分泌量も多くなってしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です